フローリングを掃除機でキレイに!オススメの商品もご紹介します

フローリングを掃除機掛けするなら、軽量タイプのものがオススメです。

軽量だとフローリングを傷つけたり疲れたりしづらいので、手軽に掃除できますよ。

この記事では、フローリング向けの掃除機や掃除方法についてご紹介します。

「フローリング掃除の少しでもラクにしたい……!」

と思ったら、ぜひご覧ください♪

フローリング用掃除機の選び方

掃除機とひとくちにいっても、さまざまな種類があります。

そのため、どんなものを選べばよいか迷ってしまいますよね。

そこでまずは、フローリング掃除に向いている掃除機の選び方についてお伝えしていきます。

軽量タイプ

一般的に、吸引力が優れている掃除機は、重量のあるものが多いです。

カーペットや絨毯は、ゴミを吸い取りにくいため吸引力を必要とすることが多いでしょう。

しかしフローリングの場合は、吸引力よりも小回りが利くほうが使いやすいです。

さらに重量のある掃除機を無理に使うと、重みで傷ついてしまうおそれがあるのです。

そのため、できるだけ軽量のものを選ぶようにしましょう。

軽量なものなら、細身で立てかけられるスティック型(スタンド型)がオススメです。

さらにコードレスタイプならコードの抜き差しが不要なので、充電をしておけばすぐに掃除できますよ。

ゴミの捨て方はお好みで

掃除機のゴミを集める部分は、紙パック式とダストボックス式に分かれています。

紙パック式は、使い捨てタイプなので紙パックの補充が必要です。

いっぽうダストボックス式は取り外しができるので、別途買い足しする必要がありません。

しかし、ダストボックス式はゴミがたまると吸引力の劣化にもつながります。

ゴミを取り除いたり、洗ったりする必要が出てくるのです。

そのため、ゴミの捨て方は使いやすいほうを選んでみてくださいね。

フローリングを掃除機がけするコツ

フローリングを掃除機がけするときには、いくつか注意したいことがあります。

続いては、掃除機掛けをする際のコツや注意点についてお伝えしていきます。

掃除する時間帯

フローリング掃除は、朝におこなうのがオススメです。

なぜなら、日中舞い上がったホコリは一晩かけて床に落ちていくから。

朝一番に掃除することで、より多くのホコリを取り除くことができるんですよ。

ペーパーモップと合わせて使う

掃除機は、キャニスター型と呼ばれるヘッドとダストボックスが別々になっているタイプの場合、本体から排気されます。

そのため、風でせっかく落ちたホコリが舞い上がってしまうことも……。

そこで、掃除機をかける前にはペーパーモップでホコリや髪の毛といったゴミを集めておくのがオススメです。

力を入れない

ゴミを掃除機で吸い込もうとすると、どうしても掃除機に力を入れがちになります。

しかし、吸引力が変わるわけではないうえに、フローリングに傷がつきやすくなるだけでメリットはありません。

そのため、掃除機に力を入れずにゆっくりとかけていきましょう。

また、掃除機は目地の方向に沿って動かすのがコツです。

床材が傷つきにくいうえに、目地に詰まったゴミも吸い取りやすいですよ。

フローリング掃除にオススメな掃除機6選

最後は、これからフローリング用の掃除機をかけようと思っている方へ、オススメの商品をご紹介していきます。

1.Dyson V7 Slim SV11 SLM(ダイソン)


高い吸引力で人気のダイソンが、日本の住居向けに作った掃除機です。

従来のものよりも小型で軽量化が図られていて、パイプも短くなっています。

2.コードレス掃除機CL107(マキタ)


シンプルなデザインで軽量なものを選ぶならこちら。

重量がわずか1.1キログラムでコードレスなところも、とても使いやすいですね。

3.掃除機S182(NEQUARE)


壁掛け不要の自立式なところが特徴のこちらの商品は、スタイリッシュなデザインが魅力的ですね。

ヘッドに搭載されたLEDライトのおかげで、ベッドやソファの下に落ちているゴミも取り除きやすいですよ。

4.極細軽量スティッククリーナー(アイリスオーヤマ)


こちらの掃除機は、専用の静電モップが付属でついてきます。

掃除機にセットすると帯電ができ、テレビや棚のホコリを取り除きやすくできるのです。

フローリングを掃除しながら周りの掃除ができる点が便利ですね。

5.コードレス掃除機(MOOSOO)


こちらは軽量かつ、120Wの強力モーターを搭載した便利なコードレス掃除機です。

またフィルターは分解洗浄ができるので、吸引力を保ちつつ、清潔な状態で使えますよ。

6.ルンバ(アイロボット)


自力で掃除をするのが面倒と思ったら、ロボット掃除機の出番です。

フローリングを動き回ってゴミを吸い込んでくれますよ。

ただし目地の詰まりなど細かい汚れは苦手です。

さらに、フローリングにモノが多いと止まってしまうことも……そのため、一般的な掃除機と使い分けるのがオススメです。

まとめ

今回の記事では、フローリング掃除にオススメの掃除機についてご紹介してきました。

フローリング向けの掃除機はスティック型のような軽量で、手軽に扱えるものだと疲れにくいですよ。

掃除をするときは、力を入れないようにするのがポイントです。

ペーパーモップと併用しつつ、毎日のフローリング掃除を快適にしていきましょう♪

面白かったらシェアしてね!

 


2年以上なら、掃除はプロに

エアコン、洗濯機、キッチン、換気扇、お風呂、トイレ…。
使い始めて2年以上経過したら、そろそろプロの出番です。
購入したて、入居したて、
プロの技であの頃の✨輝き✨が取り戻せるかもしれません。