洗濯機掃除はキッチンハイターを使ってカビや汚れを落とそう!

洗濯機掃除はキッチンハイターなどの塩素系漂白剤を使うことができますが、正しい使いかたを知っておくことが大切です。
塩素系漂白剤は、使いかたを間違えると洗濯機が故障してしまう原因になるだけでなく、大変な事故につながる可能性があるんです。

こちらのコラムでは、キッチンハイターの特徴のほか、具体的な洗濯機の掃除方法や使いかたの注意点などを解説します。
洗濯槽の掃除におすすめの塩素系漂白剤についても解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

キッチンハイターの特徴

キッチンハイターは、次亜塩素酸ナトリウムが主成分の塩素系漂白剤で、液体タイプと泡タイプがあります。
そしてキッチンハイターなどの塩素系漂白剤は、洗濯機の掃除にも使うことができるんです。

洗濯槽クリーナーはおもに塩素系と酸素系の2種類がありますが、キッチンハイターも同じ塩素系になるので、洗濯槽の掃除に使えるというわけです。

キッチンハイターを使った洗濯機の掃除方法

洗濯機につきやすい汚れは衣類から出た糸くずなどのゴミやホコリ・カビなどです。
とくにカビは、洗濯槽の裏側など目に見えない場所で、洗濯洗剤や柔軟剤の残りカスなどを栄養分として繁殖します。

見た目にはわからないからと放置しておくと、ニオイの原因になったり衣類にカビが付着したりするため、定期的に掃除をして清潔な状態を保っておくことが大切です。
では実際に、キッチンハイターを使った洗濯機掃除に挑戦してみましょう。

準備するもの
  • キッチンハイター(液体タイプ)
  • 歯ブラシ
  • 雑巾
  • 準備するもの
  • 網目の細かいネット

掃除方法1 フィルターやゴミ取りネットなどのパーツ部分

まず、洗濯槽についているパーツ部分を取り外して掃除をしましょう。
機種にもよりますが、取り外せるパーツには洗剤投入ケース・ゴミ取りネット・フィルター類などがあります。
細かい糸くずなどがついているときは、歯ブラシなどを使って取り除いてください。

掃除方法2 フタの裏やその周辺

次に、洗濯機の外側や排水口、フタの裏についている汚れを雑巾などで拭き取ります。
洗剤の投入口は使い続けていると洗剤がこびりついていることもあるので、お湯を流して溶かしたあとキレイに拭き取っておきましょう。

掃除方法3 洗濯槽

パーツ部分と本体周りをキレイにしたら、洗濯槽の洗浄をします。
洗濯機に槽洗浄コースがあれば、キッチンハイターを入れてボタンを押すだけで簡単です。

もし槽洗浄コースがない場合は、以下の手順を試してみてください。

掃除の手順
STEP1
洗濯槽に水をためる
STEP2
水10リットルあたり50㏄のキッチンハイターを投入する
STEP3
洗剤を浸透させるため5分ほど空回しをしたあと、2~3時間放置する
STEP4
時間をおいて汚れが浮いていればネットですくい取る
STEP5
標準コースで洗い、汚れが残らなくなるまで繰り返す
STEP6
汚れがなくなれば洗濯槽の掃除は完了です

槽洗浄で使う水は縦型なら最高水位まで、ドラム式ならバケツ1杯分ほど入れます。
 
洗浄に使うのは、お湯ではなく水でも洗剤の効果はほとんど変わりません。

またキッチンハイターを入れて空回しするときは、脱水しないように気をつけてくださいね。
放置する時間は汚れの度合いによって長くしたほうがいい場合もありますが、浮いてきた汚れはネットで必ず取るようにしてください。

そのまま脱水してしまうと、詰まりの原因や汚れが残る可能性があるので注意しましょう。

なお、キッチンハイターのニオイが気になるという方は、酸素系漂白剤のオキシクリーンという選択もあります。

キッチンハイターを使うときの注意点

キッチンハイターなどの塩素系漂白剤は、使いかたを間違えると重大な事故につながるおそれがあるので注意しなくてはいけません。
安全に洗濯機掃除をするためにも注意点を知っておきましょう。

塩素系漂白剤と酸性タイプの洗剤と混ぜるのは危険

塩素系の漂白剤は、酸性の洗剤と混ぜると、人体に有害な塩素ガスが発生するので大変危険です。
場合によっては命の危険もあるので、併用するのは絶対に避けるようにしてください。

塩素系の洗剤が使えるか確認しておくこと

洗濯機の種類によっては、キッチンハイターなどの塩素系漂白剤が使えないことがあるので注意しましょう。
適していない洗剤を使うと、洗濯槽を傷めてしまうおそれがあります。

掃除を始める前に洗濯機掃除にキッチンハイターが使えるかどうか、洗濯機の取り扱い説明書を必ず確認して、指定があれば適した洗剤を使うようにしてください。

掃除は換気をしながらおこなうこと

塩素系漂白剤には独特のツンとした刺激臭があり、使う人によっては頭痛や吐気を引き起こすことがあります。
体調を崩すことがないように、キッチンハイターで洗濯機の掃除をするときは常に換気した状態でおこなうようにしましょう。

必ずゴム手袋を着用すること

塩素系漂白剤が指につくとヌルッとしますが、これは皮膚のタンパク質が溶けることで起きる現象なんです。
つまり塩素系漂白剤は、皮膚を溶かしてしまうほど強力な洗剤ということです。
洗濯機の掃除でキッチンハイターを使うときは、手肌を守るため必ずゴム手袋を着用するようにしましょう。

洗濯槽を清潔に保つには定期的な掃除と乾燥がポイント

洗濯槽は定期的に掃除をして、カビの発生しにくい環境をつくることが大切です。
洗濯機の使用頻度にもよりますが、2~3ヶ月に1度は洗濯槽などの掃除をするといいでしょう。
とくに梅雨時期などは湿度が高くなりやすいので、乾燥機能を使ってカビの発生を予防しましょう。

また洗濯槽のフタを閉めて密閉状態が続くとカビが発生しやすいので、乾燥状態を保てるように普段から開けておくのもいいですよ。

業者に依頼するのも方法のひとつ

もし洗濯機の掃除を面倒に感じたり、実際汚れが取れているのか不安に思ったりする場合は、ハウスクリーニングなどのプロに依頼してみるのもいいでしょう。
プロの業者なら、確実に安全な方法で洗濯機の見えないカビ汚れなどもキレイにしてくれます。

また費用はかかってしまいますが、洗濯機だけでなくエアコンなどもまとめてクリーニングすれば、手間や時間をかけて掃除しなくても家中がキレイになります。

キッチンハイターは洗濯槽の除菌には使えない

メーカーに問い合わせたところ、キッチンハイターは洗濯槽の除菌には推奨していないとのことでした。
除菌効果を求めるのであれば、「洗たく槽ハイター 180g」を使いましょう。

編集部ボイス
洗濯槽のコロナウイルス除菌に使えるかどうかに関しては、「キッチンハイター」「洗たく槽ハイター 180g」ともにエビデンスはありません。
コロナウイルスの洗濯に関する情報は、厚生労働省のサイトを参考にしてください

洗たく槽ハイター 180g(3つセット)
800(267/個)円|送料要確認

洗濯機掃除におすすめの塩素系漂白剤

洗濯槽を掃除するのにキッチンハイターでは不安という場合は、専用の洗濯槽クリーナーを使うといいでしょう。
ここでは、塩素系の洗濯槽クリーナーをご紹介します。

洗たく槽カビキラー 550g (ジョンソン株式会社)
285円|送料要確認

強力な洗浄成分が汚れを分解してくれるので、放置して汚れが浮いてくるのを待つ必要がありません。
防サビ剤を配合しているので、ステンレス槽にも安心して使えます。
またドラム式洗濯機にも対応しているので幅広い機種に使えるのも特徴です。

洗浄力 洗たく槽クリーナー 550g (エステー株式会社)
206円|送料要確認

カビ胞子除去率99.9%を誇る強力な塩素系洗濯槽クリーナーです。
つけ置きが不要なので、時間をかけずに手早く洗濯槽の掃除をすることができて便利に使えます。

洗濯槽クリーナー SK-1 1.5kg(日立)
2,600円|送料要確認

ステンレス槽・プラスチック槽どちらにも使用できる塩素洗濯槽クリーナーです。
ドラム型洗濯機にも対応しています。
1.5kgの大容量なので、何度も買い足すのが面倒だというかたにはおすすめです。

まとめ

洗濯機掃除には、キッチンハイターなどの塩素系漂白剤を使うことができます。
ただし酸性洗剤と併用しないなど、使いかたに注意して安全におこなうことが必要です。
そしてカビを発生させないためには、定期的に洗濯槽の掃除をするようにしましょう。

\洗濯機クリーニングの値段や口コミを見てみる/


もちやロゴ

もちやは、エアコンクリーニングやハウスクリーニングなど暮らしのサービスをオンラインで予約できるサービスです。全国の業者を価格と口コミで比較することができます!

  • 全国の業者さんを価格と口コミで比較
  • Webで簡単予約
  • 厳選した業者さんで安心安全

人気のカテゴリはこちら!

  1. エアコンクリーニング
  2. ハウスクリーニング
  3. 洗濯機クリーニング