洗濯機の異音はパルセーターが原因かも❓交換手順と注意点を解説👍

洗濯機 パルセーター アイキャッチ

洗濯機を回している時に異音がすることはありませんか?
洗濯機の寿命は、使用環境や頻度によっても異なりますが6~8年とされています。
寿命というほど長い間使っていないのに洗濯機から異音がする時は、部品に不具合が起きているのかもしれません。

洗濯機の運転中に異音がする原因のひとつに「パルセーター」が挙げられます。
パルセーターは、自分で交換することも可能で、修理で直すことができれば新しい洗濯機を購入するよりも費用をおさえられます。
この記事では、パルセーターを自分で交換する方法や注意点、他にも考えられる異音の原因などを解説します。

パルセーターとは?

パルセーター

パルセーターは、縦型洗濯機の洗濯槽の底にある回転翼のことをいいます。
運転時に回転して水流を作り、洗濯物を攪拌する重要な役割をしています。

パルセーターは使うたびに摩耗していく

パルセーターは、運転時に高速で回転するため非常に負荷がかかる部品です。
中央部分にある支柱部分は歯車のような形をしていて、パルセーターと噛み合うようにしてネジで固定されています。
しかし、使っていくうちにパルセーター側の歯車部分が摩耗すると、空回りの状態になってしまうことがあるんです。

ネット販売でも購入できる

パルセーターは、ネット通販などを利用して3,000~5,000円前後で購入できます。
ただし、メーカーや機種によって形が異なるため、適したものに交換しなくてはいけません。
型番が古く生産終了している機種は、純正品が手に入りにくいこともあるので自分で購入する時は注意が必要です。
また、固定用のネジやワッシャーが別売りの場合もあるので、付属しているか確認しておきましょう。

パルセーターが異音の原因か確かめてみよう

異音の原因がパルセーターなら、交換することで不具合は解消できます。
パルセーターの故障が原因かを確かめるには、洗濯機のプラグを抜いたあと、洗濯槽に何も入っていない状態にしてパルセーターを左右に回してみてください。

パルセーターと一緒に洗濯槽が回れば摩耗による故障ではないことがわかります。
しかし、パルセーターだけが回ってしまう場合は空回りしているので交換が必要です。
パルセーターが空回りすると、水流を起こせないため洗濯物がキレイになりません。

異音の原因はパルセーター以外にもある

洗濯機のベルト部分

洗濯機の異音は、パルセーター以外にもさまざまな原因が考えられます。
エラーコードが出る洗濯機なら不具合の原因はわかりやすいですが、そうした機能がない場合は運転中にどんな異音がするのか聞いてみましょう。

規則性のある「キュルキュル」とかすれた音

洗濯槽を回転させるためのベルトがゆるんでいるか切れているかもしれません。
パルセーターが空回りしている時も同じようにこすれるような音がする場合があります。

「ガリガリ」と不規則に固いものが当たる音

小銭や石などが洗濯槽に入っているかもしれません。
洗濯槽に異物がないのに音がする場合は、モーターの劣化や故障が考えられます。

モーターが作動するような「ブォーン」という音

給水バルブがしっかり開いていないか排水ホースに糸くずやゴミなどで詰まっている可能性があります。
排水ホースの詰まりは掃除で解消できることもあるので、以下のページの掃除手順も合わせてご覧ください。

寿命なら買い替えを検討すべきかも

もし寿命とされる6~8年よりも長く使っている洗濯機なら、故障を修理するよりも新しく買い替えたほうがいいかもしれません。
たとえパルセーターの交換を修理して異音が解消できたとしても、ベルトなど別の箇所が故障するなどして費用がかさんでしまうおそれがあるからです。

パルセーターを交換する方法

ドライバー

お使いの洗濯機に対応したパルセーターを購入すれば、自分で交換することもできます。
ここでは、パルセーターを交換手順やポイントを解説します。

パルセーターの交換手順

交換に必要なものは、新しいパルセーターとドライバーです。
機種によってネジの大きさや形は異なりますが、ネジ溝に合うプラスドライバーもしくは幅の広いマイナスドライバーを準備します。
8㎜ほど幅のあるマイナスドライバーのほうが外しやすいかもしれません。

パルセーターの交換手順
STEP1
洗濯機のプラグをコンセントから外す
STEP2
パルセーターを押さえながら反時計回りでネジを外す
STEP3
古いパルセーターを取り外す
STEP4
新しいパルセーターを取り付ける

①濯機のプラグをコンセントから外す

誤作動による事故などを防ぐため、交換作業を始める前は必ずプラグをコンセントから抜いておきましょう。

②パルセーターを押さえながら反時計回りでネジを外す

パルセーターが洗濯槽に固定できている場合は、パルセーターを押さえながらネジを回します。
もしパルセーターだけ空回りしているなら、ドライバーをネジ溝に差した状態で洗濯槽を右に回したあと、一気にドライバーを反時計回りにひねるとゆるめやすくなります。
大きさの合っていないドライバーで無理に回すと、ネジ溝が削れてしまうので注意してくださいね。

③古いパルセーターを取り外す

古いパルセーターは垂直に引き上げれば外せますが、形によっては手でつかみにくいことがあります。
その場合は、パルセーターの穴に入るS字型やねじ込み式のフックを差し込んで持ち上げると外しやすいですよ。

④新しいパルセーターを取り付ける

外した時と逆の要領で新しいパルセーターを取り付けます。
取り付けが甘いと洗濯機を使っていくうちに外れてしまうので、固定ネジはしっかり締めましょう。

DIYの失敗による故障は自己責任となる

基本的に洗濯機の各メーカーでは、パルセーターを自分で交換するのを推奨していません。
このため、メーカーからパルセーターやベルトなどの購入はできないと思っておいたほうがいいでしょう。
また、自分で洗濯機の修理や部品の交換しようとして故障した場合は、「自己責任」になってしまうので注意が必要です。

無理に修理や分解はしないこと

むやみに自分で修理や分解をすると、元に戻せなくなったり故障させたりするおそれがあります。
特に、専門的な知識や技術がないまま、洗濯機を分解することは避けたほうがいいでしょう。

パルセーターと同じようにベルトもネット販売で購入できることがあります。
しかし、ベルトの状態は洗濯機の底を見ないと確認できません。
ベルトが不具合の原因と推測できたとしても、自分で修理をおこなうのは困難でしょう。

パルセーターの取り外しができても、機種によっては洗濯槽の入り口が狭く分解が必要になることがあります。
無理にパルセーターを洗濯槽から引っ張り出そうとすると、洗濯槽を傷めてしまうかもしれません。
簡単な修理で済むはずだったのに、自分で直そうとして失敗すれば買い替えなくてはいけないケースもあります。

原因が特定できない時はプロに任せよう

業者

洗濯機に不具合が起きた場合は、原因を特定してから修理しなくてはいけません。
異音の原因がベルトのゆるみにもかかわらず、パルセーターと間違った判断をしてしまえば、自分で部品を購入して交換できたとしても解消されません。

不具合の原因が特定できても、修理して直るものか買い直しが必要かの判断はしにくいものです。
原因がわからない時や自分で部品交換することに少しでも不安を感じるなら、洗濯機修理をおこなうプロに任せてみてはいかがでしょうか。

プロに依頼すれば、洗濯機の機種に合った部品を選んで修理や交換をしてくれます。
自分であれこれ探す労力や時間も必要ないのも大きなメリットです。

何より、洗濯機が故障すると修理できるまで衣類が洗えないのが非常に不便です。
もし洗濯機から異音がするといった気になる点がある時は、症状が悪化する前に早めに対処するようしてくださいね。

もちやロゴ

もちやは、エアコンクリーニングやハウスクリーニングなど暮らしのサービスをオンラインで予約できるサービスです。全国の業者を価格と口コミで比較することができます!

  • 全国の業者さんを価格と口コミで比較
  • Webで簡単予約
  • 厳選した業者さんで安心安全

人気のカテゴリはこちら!

  1. エアコンクリーニング
  2. ハウスクリーニング
  3. 洗濯機クリーニング

エアコンクリーニングの対応エリア

三重県 / 京都府 / 佐賀県 / 兵庫県 / 北海道 / 千葉県 / 和歌山県 / 埼玉県 / 大阪府 / 奈良県 / 富山県 / 山梨県 / 岐阜県 / 岡山県 / 広島県 / 愛媛県 / 愛知県 / 東京都 / 栃木県 / 滋賀県 / 神奈川県 / 福井県 / 福岡県 / 秋田県 / 群馬県 / 茨城県 / 長野県 / 静岡県 / 香川県 / 鳥取県 /

ハウスクリーニングの対応エリア

三重県 / 京都府 / 兵庫県 / 千葉県 / 和歌山県 / 埼玉県 / 大阪府 / 奈良県 / 山梨県 / 岐阜県 / 岡山県 / 広島県 / 愛知県 / 東京都 / 滋賀県 / 神奈川県 / 静岡県 / 香川県 /