トイレタンクを重曹&クエン酸で掃除する方法!黒カビや臭いがスッキリ

便器に黒ずみがつきやすくなった。

原因不明の悪臭がある…。

そんなときは、トイレタンクの汚れが原因かもしれません。

トイレタンクを掃除したことがないという方は、意外と多いようです。
しかしトイレタンク内の雑菌や汚れを放置すると、便器汚れや悪臭の発生をまねくことがあります。

今回は、家にある重曹やクエン酸などで簡単にトイレタンク掃除をする方法をご紹介します。
トイレタンク内の汚れを除去して、トイレ内をスッキリさせましょう♪

【タンクレストイレの場合】
タンクレストイレの場合は、タンク自体がありませんのでトイレタンクの掃除をする必要はありません。

トイレタンクのフタを開けずに掃除する方法もある

手洗い器がついているトイレタンクの場合には、フタを外さずに掃除することができます。
洗剤を入れて放置するだけの簡単掃除ですので、とりあえずこの方法を試してみるのもよいでしょう。

準備するもの
  • 市販のトイレタンク洗浄剤(重曹やオキシクリーンでも代用可)

簡単入れるだけ! トイレキレイ トイレタンク洗浄剤
968円|送料要確認
公式サイト:木村石鹸工業株式会社

トイレタンクの掃除手順
STEP1
タンク上部の手洗い水が流れ込むところから洗浄剤を注ぐ
STEP2
トイレの水を流さず2時間ほど放置する
STEP3
通常通り使用して水を流す

トイレタンク掃除の注意
トイレタンクの洗浄剤は、液性がアルカリ性であることがほとんどです。
トイレの便器によってはアルカリ剤使用禁止となっている機種もありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

トイレタンクのふたを開けずに掃除をする方法でも、タンク内はキレイになります。しかし水に浸かっていないタンク上部の内側の汚れは残ったままです。

トイレタンク内を完全にキレイにするためには、フタを外して掃除するのがよいでしょう。次にトイレタンクのフタを外して掃除する方法について紹介します。

トイレタンク掃除をする前の準備2つ

トイレタンクのフタを開けて掃除するときには、事前に準備することがあります。
次の2つについて確認しておきましょう。

その1:止水栓を閉める

トイレのメンテナンスをするときには、トイレ内にある止水栓を閉めてからおこないましょう。
止水栓を閉めておかないと、水が溢れてトイレ内が水浸しになるおそれがあります。

止水栓は、壁からトイレタンクにつながる配管の途中についているのが一般的です。
まれに床から配管が出ているケースもあります。

準備するもの
  • ゴム手袋
  • ビニールシート
  • マイナスドライバー

【止水栓を閉める手順】
STEP1
水はね防止のため、床にビニールシートを敷く
STEP2
マイナスドライバーで右まわしをし、止まるところまでまわす
STEP3
右に何回まわしたかメモして覚えておく(戻すときに重要)
STEP4
便器の水を流すレバーをひねっても水が流れないことを確認する

その2:フタの外し方を確認する

トイレタンクには、手洗い付きと手洗いなしの2種類があります。
手洗いなしのトイレタンクのほうは、持ち上げるだけで簡単に外せるようになっています。

手洗い付きのトイレタンクの場合は、注意が必要です。フタ自体は持ち上げるだけで外せる構造になっているものが多いですが、水栓部の根元が差し込まれているので、破損させないようゆっくり持ち上げて外す必要があります。

そのほかタンクのフタについている水栓金具とタンク内部にあるボールタップが、ジャバラ管でつながっているタイプがあります。その場合は、フタを軽くずらし、ジャバラ管のナットを手でまわせば外れます。

トイレタンクのフタの掃除方法

トイレタンクのフタを開けると、裏側がものすごく汚れていることがあります。
この部分をしっかり掃除しておけば、トイレタンクや便器の汚れを防止することにもなりますので念入りに掃除しておきましょう。

準備するもの
  • 重曹
  • クエン酸
  • 中性洗剤
  • メラミンスポンジ
  • 雑巾

トイレタンクのフタの掃除手順
STEP1
トイレタンクのフタを外す
STEP2
手洗い金具を外す(ある場合)
STEP3
フタの上部や裏を中性洗剤で洗う
STEP4
ガンコな汚れに重曹を少しふりかけてスポンジでこする
STEP5
ガサガサした水垢汚れはクエン酸水を吹きかけて時間をおいてからスポンジでこする
STEP6
雑巾で水気をふき取る
STEP7
フタを元に戻す

重曹は、ガンコな汚れをこすり落とすのに向いています。
またクエン酸は、水垢汚れや雑菌の繁殖予防に効果があります。重曹は粉状で使えますが、クエン酸はクエン酸水スプレーにして使うのが便利です。

またトイレタンクの水垢をスッキリさせる方法はこちらの記事でくわしく解説しています。

タンク内部を重曹でつけおき掃除する方法

タンク内部は重曹で簡単に掃除をすることができます。
入れて放置するだけの簡単掃除ですので、取り入れてみてくださいね。

準備するもの
  • 重曹1カップ
  • メラミンスポンジ

【トイレタンク内の重曹つけおき手順】
STEP1
トイレタンク内に水が入った状態にする
STEP2
トイレタンクのフタをゆっくり外す
STEP3
トイレタンク内に重曹を入れてよく混ぜる
STEP4
半日ほど放置する
STEP5
汚れが気になる部分はスポンジで軽くこする
STEP6
トイレタンクのフタを閉めて水を流す

水を流すときは、フタを閉めた状態にしておかないと、水が溢れるので注意してください。
汚れをため込まないよう、月1回くらいを目安に掃除しましょう。

トイレタンクの掃除にはオキシクリーンなどの酸素系漂白剤もおすすめ

トイレ掃除には、オキシクリーンなどの酸素系漂白剤もおすすめです。
酸素系漂白剤には漂白・除菌・消臭などの効果が期待できます。

ここではオキシクリーンを使って、トイレタンクを「オキシ漬け」する方法を紹介しますね。
タンク内に蓄積しやすいカビを定期的に除去しましょう。♪

準備するもの
  • ゴム手袋
  • オキシクリーン付属スプーン1杯
  • お湯 1リットルほど
  • バケツ
  • 泡立て器

トイレタンクの掃除の手順
STEP1
トイレタンクのフタを外す
STEP2
バケツにお湯とオキシクリーンを入れて溶かす
STEP3
それをトイレタンクへ入れる
STEP4
数時間放置する(汚れが落ちるまで最大6時間)
STEP5
レバーをひねってタンクの水を流す

オキシ漬けで剥がれた汚れはタンクから便器へ流れ出てきます。
たまっていた汚れがごっそり流れてくるので驚きますよ♪

編集部ボイス
トイレタンクに入りきらなかったオキシ液は、捨てずに掃除活用しましょう。クロスに染み込ませて便器や床などの掃除をするのがおすすめです。

重曹でトイレタンクの汚れ予防もできる

重曹はトイレタンクの汚れ予防にも役立てることができます。
トイレタンクのお手入れをした後に重曹を入れておけば、キレイな状態をキープできるのでおすすめですよ。

トイレタンクの掃除をしたら、カップ1杯の重曹をトイレタンクへ入れておきましょう。6時間ほどのつけおきが必要ですので、寝る前やお出かけ前に重曹を投入するのがよいかもしれません。

トイレタンク掃除の頻度

メーカーでは、汚れが気になりだしたらタンクの掃除をするようにとの説明をしているようです。
トイレタンクは、こまめに掃除する必要はありませんが、水垢や雑菌で徐々に汚れが蓄積することがあります。

便器が汚れやすくなったり悪臭が発生しやすくなったりしたら、タンク内の掃除が必要です。
またタンク内の汚れ防止のためには、月に1回程度の掃除をしておくとよいでしょう。

手に負えないトイレタンク掃除はプロにお任せ!

最近の便器では、タンクを開けられない構造になっているものもあるようです。
またタンクレストイレやタンクレス風デザインの便器もありますね。

トイレタンクの掃除を自力でおこなえないタイプで、便器が汚れやすくなった、原因不明の悪臭が……。
といったケースでは、一度プロのお掃除屋さんに掃除してもらうという手もあります。

トイレのお掃除にかかる費用相場は一般的に1万円前後。
見違えるようにキレイになるだけでなく、普段のメンテナンスも楽になるので一度試してみる価値はありますよ。

もちやでは、トイレ掃除を含むハウスクリーニングの業者を紹介するサービスをしております。
サービス内容を比較して業者をお選びいただけるようになっておりますので、利用してみてはいかがでしょうか。

面白かったらシェアしてね!

 


2年以上なら、掃除はプロに

エアコン、洗濯機、キッチン、換気扇、お風呂、トイレ…。
使い始めて2年以上経過したら、そろそろプロの出番です。
購入したて、入居したて、
プロの技であの頃の✨輝き✨が取り戻せるかもしれません。