セスキ炭酸ソーダ×洗濯槽の掃除方法|重曹・クエン酸と比較!

知らない間に溜まっていく、洗濯槽の汚れやカビ。

「洗濯槽の掃除、衣類を洗うものだし、できればエコ洗剤を使いたい……!」

エコ洗剤で洗濯槽を掃除するなら、セスキ炭酸ソーダが最適!

ただしセスキには、落としにくい「苦手な汚れ」も存在します。

注意点&解決アイデアも合わせて、洗濯槽の問題を解決していきましょう!

ここでは、そんな「セスキ炭酸ソーダの洗濯槽掃除」についてご紹介。
ぜひ、参考にしてください。

セスキ炭酸ソーダを使った洗濯槽の掃除方法【縦型・ドラム式OK】

さっそく、セスキ炭酸ソーダによる洗濯槽の掃除方法を解説していきます。

ドラム式でももちろんOKな方法なので、ぜひ試してみてください!

用意するもの
  • 粉末のセスキ炭酸ソーダ(量:100g/10L)
  • お湯(40度~50度)
  • 洗濯槽のゴミ取りネット

セスキ粉末の量は、使う水の量(=洗濯槽のサイズ)によって変動します。

50Lぐらいの洗濯機であれば、だいたい500gが目安。

商品によっては300gしか入っていないこともあるので注意しましょう!

編集部ボイス
ゴミ取りネットは、数百円で市販されています。
購入が面倒なときは、ハンガーにいらないストッキングをかぶせれば代用できますよ。

セスキ炭酸ソーダによる洗濯槽の掃除手順
STEP1
洗濯槽いっぱいまでお湯(40度~50度)を入れる
STEP2
セスキ炭酸ソーダを洗濯槽内に投入する
STEP3
「洗い」機能を使って、洗濯機を2~3分回す
※「洗濯槽洗浄」などの機能があればそちらを
STEP4
洗濯槽内に浮いた汚れやカビを、ゴミ取りネットですくう
STEP5
汚れ・カビが浮いてこなくなるまで3~5を繰り返す
STEP6
汚れが浮かなくなったら、すすぎ・脱水をして完了!

セスキは水に溶けやすいのですが、冷水だと多少溶け残ってしまう場合もあるんだとか。

水道水や残り湯でも洗濯槽掃除はできますが……。
もし溶け残ってしまうと、かえって汚れの原因になってしまうかもしれません。

セスキで洗濯槽を掃除するときは、熱めのお湯を使う方がよさそうですね。

オススメセスキ炭酸ソーダ商品:セスキの激落ちくん

「セスキの激落ちくん」は、人気ブランド・「激落ちくん」から発売されているセスキ炭酸ソーダです。

スプレータイプやシートタイプなどさまざまな商品が展開されており、洗濯機・洗濯槽掃除に役立つ「粉末タイプ」ももちろん発売されています。

そんなセスキの激落ちくん・粉末タイプは


・300g
・500g
・1kg

など、容量のバリエーションが豊富!

ちょっと試しに使ってみたい、という方は300g~500gを。

まとめて購入しておきたい、という方は1kgを。

用途に合わせて、お好きな方を選んでみてくださいね。

セスキの激落ちくん 粉末タイプ 300g
377円|送料要確認

セスキの激落ちくん 粉末タイプ 500g
980円|送料要確認

セスキの激落ちくん 粉末タイプ 1kg
1,550円|送料要確認

注意!セスキ炭酸ソーダの苦手な洗濯槽の汚れを知ろう

まずは洗濯槽によく付きがちな汚れからおさらいしておきましょう。

洗濯槽内の汚れ一例
  • 皮脂汚れ
  • 油汚れ
  • 食品汚れ
  • 血液汚れ
  • 水垢
  • 洗剤のカス
  • 黒カビ

セスキ炭酸ソーダは洗濯槽の掃除に便利……ですが。

上記の汚れ、すべてを落とせるわけではないんです!

セスキ炭酸ソーダが“苦手”な洗濯槽の汚れ
  • 水垢
  • 洗剤カス
  • 頑固な黒カビ

セスキ炭酸ソーダは、いわゆる「アルカリ性洗剤」。

皮脂汚れや油汚れのような「酸性汚れ」を中和して浮かせ、しっかり落とします。

しかし水垢や洗剤カスは「アルカリ性の汚れ」。

同じアルカリ性である水垢や洗剤カスを、セスキ炭酸ソーダは中和できません。

そのため、汚れの落ちも悪くなってしまうんです。

頑固な黒カビはセスキでは厳しい

セスキは軽いカビなら洗い流せますが、こびりついた頑固な黒カビは落とせないことも。

なぜなら、頑固な黒カビを除去するには「殺菌・除菌」が必要だからです。

セスキ炭酸ソーダに、殺菌・除菌効果はありません。

高い洗浄力があるとはいっても、洗濯槽のカビを殺菌するほどではないのです。

水垢や石鹸カス、黒カビを落とすには、また別の洗剤が必要となるでしょう。

セスキ以外のエコ洗剤1.洗濯槽掃除に“重曹”は使える?

セスキ炭酸ソーダ以外のエコ洗剤では、「重曹」がポピュラーですよね。

「洗濯槽掃除には重曹が便利!」という記事や情報も結構多いです。

とはいえ、重曹とセスキは同じ「アルカリ性洗剤」。
成分や効果も近く、アルカリ性汚れや黒カビに弱い、という特徴も一緒です。

セスキと重曹の大きな違いといえば、「pH」が挙げられます。

「pH」とは?

pHというのはカンタンにいえば
「水溶液の酸性・アルカリ性の度合い」
がわかる単位のこと。

値は0~14まであり、数字が大きくなるほど強いアルカリ性となります。

セスキ炭酸ソーダは、このpHが重曹に比べてかなり高いんです!

エコ洗剤名 pH
重曹 8.2ほど
セスキ炭酸ソーダ 9.8ほど

わずかな差のように見えますが、pHが1高い=10倍アルカリの性質が強いといわれています。

この数値はそのまま酸性汚れの洗浄力に直結しており、これはすなわち「セスキは重曹よりも洗浄力がある」、ということ!

また重曹は水に溶けにくい性質があるため、洗濯槽内に粒が残ってしまうこともあります。

逆にセスキは水にも溶けやすい性質をもつので、洗濯槽掃除には使いやすいでしょう。

これらの要因からも、洗濯槽の掃除において、あえて重曹を使うメリットはあまりないといえますね。

セスキ以外のエコ洗剤2.洗濯槽掃除に“クエン酸”は使える?

セスキ炭酸ソーダや重曹で落とせないアルカリ性の汚れ。

これには、真逆の性質をもつ「酸性洗剤」がオススメです。

エコ洗剤で酸性、といえば「クエン酸」が一般的。

確かにクエン酸は、洗濯槽内の水垢や洗剤カスに対して効果テキメン!
セスキや重曹で落とせなかったアルカリ汚れも中和して、スルスル落とせます。

しかし、クエン酸と洗濯槽の組み合わせには、ひとつ大きなデメリットもあります。

酸性のクエン酸を洗濯槽に入れると、最悪金属部分を痛めてしまう可能性があるのです。

またクエン酸の場合も、カビを除菌することはできません。
このことからも、洗濯槽にクエン酸を入れるのは控えておいた方がよいでしょう。

洗濯槽のカビ・汚れには“洗濯槽用漂白剤”が効果大!

セスキで落とせない洗濯槽のカビ・汚れには、「漂白剤」が効果バツグン!

「洗濯槽クリーナー」、なんて呼ばれ方もしますね。

そんな漂白剤には大きくわけて2種類のタイプがあります。

「塩素系」と「酸素系」。
同じ漂白剤でも、特徴はかなり異なりますので、しっかり知っておきましょう!

塩素系漂白剤

洗たく槽カビキラー 2本パック 550G×2本
390円|送料要確認

塩素系は、高い殺菌・洗浄力が魅力の漂白剤です。

他の洗剤では落とせないような頑固なカビも、ごっそり殺菌&除去。

もちろん、カビ以外の汚れ落ちもピカイチです。

洗濯槽掃除の最終兵器として、申し分ない活躍をしてくれるでしょう。

ただし、その強力さゆえ、人体にも少なからず害があります……。

以下の注意点をしっかり守って、安全に取り扱いましょう!

塩素系漂白剤の注意点
  • 素手で触れない
    ⇒肌荒れの原因になるため、ゴム手袋は必須です。
  • 換気を徹底する
    ⇒ツンとした匂いがします。マスクの着用もオススメ。
  • 酸性洗剤とは絶対に混ぜない
    ⇒有毒ガス(塩素ガス)が発生します!

酸素系クリーナー

オキシクリーン 1500g
1,000円|送料要確認

塩素系の安全性が気になる、という方は「酸素系クリーナー」がオススメ!

最近人気の「オキシクリーン」も、この酸素系漂白剤です。

酸素系漂白剤は他の洗剤と混ぜても安全で、かつ匂いも控えめ。

塩素系に比べれば、肌荒れなど人体への影響も小さくなっています。

ただし酸素系クリーナーは、塩素系と比べると殺菌・除菌力はやや弱め。

頑固な黒カビまでは取り切れないこともあります。

カビをしっかり取りたい、という場合は、やはり塩素系に軍配が上がりますね。

セスキや洗濯槽クリーナーが逆効果になることも!?

「セスキ炭酸ソーダや洗濯槽クリーナーを使ったら、洗濯槽内にカビ・汚れがドバドバ出てくるようになった……」

信じられない話ですがこの症状、結構よくおこるんだとか。
洗濯機を回すたびに衣服にカビや汚れが付いては、洗った意味がありません。

このトラブルの原因は、「洗濯槽の汚れ過ぎ」が大半です。

あまり掃除していない洗濯槽の裏側には、カビや汚れがギッシリ。
ここでクリーナーなどを使ってしまうと、カビ・汚れが中途半端にゆるんで落ちやすくなり、洗濯のたびに流れこんでしまうんです。

洗濯槽の掃除は、「定期的に」「こまめに」することが大切。

目安としては、2~3か月に1回はクリーニングした方がよいですね。

しばらく掃除していない洗濯槽は業者に依頼しよう

プロの洗濯槽掃除は「分解洗浄」。

その名の通り洗濯機を分解し、洗濯槽の汚れ・カビを直接こすり落とします。

洗浄ではなく物理的に汚れを掃除するので、中途半端に落とし残すことはありません!

カビ臭さなどのトラブルも、すぐに解決してもらえますよ。

使用頻度が高く、かつ長く放置された洗濯槽は、かなり汚れていることが考えられます。

心配な方は、自分で掃除する前にプロに相談してみましょう!

洗濯槽クリーニングの費用相場

洗濯槽クリーニングの費用相場は、約13,000円~18,000円。

構造が複雑なドラム式の場合は、3万円を超えてしまうことも多いです。

……正直、洗濯槽の掃除に数万円かかるのはちょっと割高ですよね。

ただ、洗濯槽汚れを解決するには業者依頼が一番の近道、というのも事実です。

お悩みの方は一度、お住まいの地域の業者について、調べてみるのもよいでしょう。

費用や作業内容、口コミ……。
それぞれザっと見ていけば、実際に依頼するイメージも浮かびやすくなりますよ。

まずは、
「ここなら、相談してみようかな?」
と思えるような素敵な業者を見つけるところから、はじめてみてはいかがでしょうか?

洗濯槽のカビを防ぐコツ|セスキ炭酸ソーダはカビ予防にも◎!

洗濯槽に生えるとやっかいなカビ。

予防するには、以下の3つの対策を取っておきましょう!

洗濯後にフタを開けた状態にしておく

洗濯後の湿気た洗濯槽内は、カビの発生・繁殖に適した環境になってしまいます。

カビを発生・繁殖させないためには、乾燥した状態を保つことが大切。

洗濯機を使った後はフタを開けて換気をし、できるだけ乾かしておきましょう。

洗剤を入れすぎない

洗剤を適量以上使ってしまうと、洗濯槽の中で溶け残って汚れになります。

この洗剤汚れはカビのエサとなり、繁殖を助けてしまうのです。

洗濯槽のカビを予防したいのであれば、洗剤は少な目~適量を守りましょう!

セスキ炭酸ソーダを使って洗濯する

セスキ炭酸ソーダは、「洗剤」としても活用できます。

セスキを洗剤で使う一番のメリットは、カビの予防になること。

セスキは多くの洗濯洗剤と違い、カビのエサになりません。

そのため、洗濯槽内で使っても、カビの繁殖を手助けしないんです。

量の目安は水30Lに対して、セスキは大さじ1杯ほど。

換気対策と合わせてセスキを使えば、「カビの生えにくい洗濯槽」を実現できるでしょう。

まとめ

お掃除に便利な「セスキ炭酸ソーダ」は、洗濯槽掃除にも便利に使えます。

ただし、セスキには苦手な汚れもある、ということは理解しておきましょう。

水垢や石鹸カス、カビに関しては、セスキのみではどうにもなりません。

洗濯槽の汚れをすみずみまで落としたい場合は、洗濯槽クリーナーがオススメ。

高い除菌効果で、頑固なカビもキレイに掃除してくれますよ♪

それでもカビ臭さが消えない……というときは、一度業者に相談してみましょう!