洗濯機掃除のおすすめ業者は?大手5社の料金最安は12,100円!

洗濯機掃除のおすすめ業者は?大手5社の料金や口コミを徹底比較!

洗い終わった洗濯物に、黒くてピロンとした汚れがついていることはありませんか?

それは、洗濯槽ウラに繁殖したカビに汚れが付着して蓄積したもの!

放置しておくと洗濯後の衣類が臭うようになってしまうので、すぐに対処しましょう。

今回は、近年利用する人が増えている「洗濯機クリーニング」というサービスについて、料金相場や業者選びのポイントを紹介するので参考にしてください。

目次

洗濯機掃除って業者に任せる必要あるの?

ドラム式洗濯機

市販の洗剤を使えば、自力で洗濯槽の掃除をすることは可能です。

でも購入後3年以上経過しているなら、一度プロに洗濯機掃除を依頼するのがおすすめですよ。

自力の掃除では落としきれない汚れが蓄積し、洗濯物に汚れやニオイが付着しやすくなるからです。

洗濯機掃除の頻度

業者に洗濯槽クリーニングを依頼するのは3年に1度くらいがおすすめです。

洗濯槽クリーニングしてもらったあとは、自力で1~2か月に一度くらい、洗濯槽掃除をおこなって、清潔さをキープしていきましょう。

プロの洗濯機掃除ってどんなもの?

ハウスクリーニング業者

プロがおこなう洗濯機掃除には次のような特徴があります。

  • 高圧洗浄をおこなう
  • 短時間で汚れが落とせる専用洗剤を使う
  • 専用ブラシでカビを除去する
  • 細かいパーツまできれいに洗浄する

プロの洗濯機クリーニングでは、細かいパーツまできれいに洗浄するために「部分分解」または「完全分解」をおこないます。

「部分分解」「完全分解」については、こちらの記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

洗濯機クリーニングはいくら?大手5社の料金比較

洗濯機掃除をプロに任せる場合の料金は、業者によってちがいます。

業者を選定する前に、料金相場をチェックしておきましょう。

縦型洗濯機の場合

縦型洗濯機

縦型洗濯機の場合は、部分分解と完全分解の2パターンがあります。

「部分分解」は、洗濯槽を取り出さない洗浄方法です。

洗濯槽を取り出して洗浄するのが「完全分解」となります。

  • 部分分解の料金相場 15,000~20,000円程度
  • 完全分解の料金相場 20,000~25,000円程度

完全分解は手間がかかるので、料金が高くなるケースが一般的です。また業者によっては分解洗浄に対応していない場合もあります。

業者名縦型洗濯機掃除料金
おそうじ本舗12,100円 完全分解はオプション:11,000円
お掃除マスター12,600円~ 分解洗浄なし
ベアーズ23,540円~ 分解洗浄 ※地域によって異なる
ダスキン14,300円 分解洗浄なし
クリーンクルー27,500円 分解洗浄
※すべて税込み(2022/8月時点)

ドラム式洗濯機の場合

汚れたドラム式洗濯機

ドラム式洗濯機の場合は、部分分解を推奨する業者が多くなっています。

多機能で複雑な構造の機種が多く、故障のリスクがあるからです。

ドラム式の洗濯機クリーニング(部分分解の場合)の費用は、15,000~20,000円程度となっています。

なおドラム式洗濯機クリーニングは、非対応の業者や料金応相談としている業者がありますので、事前によく確かめておきましょう。

大手5社のドラム式洗濯機クリーニング料金を比較してみましたので参考にしてください。

業者名ドラム式洗濯機掃除料金
おそうじ本舗18,700円 完全分解はオプション:19,800円
お掃除マスター非対応
ベアーズ35,170円~ 分解洗浄 ※地域によって異なる
ダスキン19,800円 分解洗浄なし
クリーンクルー非対応
※すべて税込み(2022/8月時点)

オプションになるケース

洗濯機クリーニングは、3,000~5,000円程度のオプション料金が発生するケースがあります。

オプション料金には以下のようなものがありますので確認しておきましょう。

  • 最短でのサービスを希望する場合
  • 防水パンの掃除
  • 特殊な機能付き洗濯機の場合(温風乾燥機能付きなど)

大手以外で料金の安い業者を探すコツ

大手のハウスクリーニング業者は高い、居住地域に対応していない、などの場合にマッチングサイトやSNSで業者を選ぶこともありますね。

大手以外で業者を選ぶたときにには、次のことに気をつけると失敗がないでしょう。

適切な洗浄方法を示してくれる

プロの洗濯機クリーニングは、分解洗浄をするのが一般的です。

洗濯機の機種によって、「完全分解」をするのか「部分分解」のほうがよいのかがちがいます。

はじめて洗濯機クリーニングを利用する方にもわかりやすく、洗浄方法を提案してくれる業者がよいですね。

賠償責任保険に加入している

ハウスクリーニングの施工中には、思わぬ事故やトラブルが起きることがあるものです。

具体的には、以下のようなことが想定されます。

  • 部品の破損
  • 施工中の水漏れや漏電
  • 依頼者にケガをさせる

施工中にこのようなことが起こった場合、きちんと保険に加入している業者であれば、修理や弁償をしてもらえます。

ハウスクリーニングを依頼するときには、賠償責任保険に加入している業者かどうかを確認しておきましょう。

適正価格である

洗濯槽クリーニングを依頼するときには、適正価格を提示する業者がおすすめです。

ハウスクリーニングの料金は安いほうがよいと思われがちですが、安い場合には理由があります。

安い料金でサービスを提供できる理由に納得ができる場合はよいのですが、そうでない場合は、相場と同じくらいの料金を提示している業者を選ぶのがよいでしょう。

口コミで利用者の評判がよい

実際に利用した人の生の声はとても参考になります。口コミサイトで検索してみて、評判のよい業者を選ぶのもよいでしょう。ただ口コミは玉石混交、感想は人それぞれですので複数の口コミを参考にすると失敗がありません。

もちやの洗濯機クリーニング料金最安値は10,000円

ハウスクリーニング業者比較サイト「もちや」に登録している洗濯機クリーニング業者の最安値は、縦型洗濯機は10,000円(分解洗浄)、ドラム式洗濯機は26,000円(分解洗浄)

実際に利用した方の口コミや業者の作業内容を比較することもできます。

お住まいの地域と依頼したいメニューを入力すれば業者一覧を見ることができますので、参考にしてみてくださいね。

縦型洗濯機クリーニングの料金・口コミを見る

ドラム式洗濯機クリーニングの料金・口コミを見る

ライター

もちやぷらす編集部のアバター もちやぷらす編集部 もちやぷらす編集部

家事の時短、分担、アウトソーシングをテーマにしたウェブメディアです。
お掃除のことを中心に、暮らしにまつわるアイデアをお届けします。
ハウトゥ記事から、専門家やメーカーへのインタビュー、商品・サービスの体験レビューまで。住み心地のいいお家づくりに役立つ情報を編集部が総力をあげて発信します。

目次