洗濯機の排水ホースの交換時期は2~3年が目安!手順をくわしく解説

子どものころは洗濯機がぐるぐる回るのが見えて楽しかったのに、今は安全面からフタを閉めないと回らないんですよね。
進歩していく家電に少し寂しさを覚える、もちやぷらすライターの茶美代(チャミヨ)です。

ほぼ毎日使う洗濯機。今まで排水ホースの交換をしたことがない人は多いのではないでしょうか。
洗濯機の排水ホースには、衣類の汚れなどさまざまな汚れがたまりやすいことから定期的に交換をおすすめします。
また、劣化した排水ホースを使い続けると、悪臭の発生や排水異常などのトラブルが起きることもあるんです。

この記事では、洗濯機の排水ホースの交換目安や交換手順をくわしく解説します。
洗濯機が使えなくなるトラブルを避けるためにも、排水ホースをチェックしてみましょう。

洗濯機の排水ホースの交換時期は2~3年が目安

洗濯機につながれた排水ホース

基本的に排水ホースは消耗品で、経年劣化していくものです。
このため、排水ホースは洗濯機の使用頻度や環境によって異なりますが、2~3年で交換することをおすすめします。
特に、洗濯機がベランダなどの屋外にあり風雨や直射日光にさらされていると、どうしても劣化しやすくなります。

ホースに異常が見られたら早めに交換しよう

排水ホースが劣化した状態で使い続けると、水漏れや排水異常などのトラブルにつながりやすくなります。
特に、洗濯機から水漏れした際に受け止めてくれる防水パンがない場合は、床が水浸しになってしまうおそれがあるので注意しなくてはいけません。
排水ホースが水漏れした場合は、早急に対処する必要があります。
また、以下のような症状がある場合も、できるだけ早く排水ホースを交換しましょう。

○排水ホースが傷んでいる
排水ホースを踏み付けるなどして傷んでいる場合は、ひび割れが起きる場合があります。
ひび割れしたホースを放置しておくと、劣化部分から水漏れするようになります。

○排水ホースの周辺から悪臭がする
排水ホース周りから悪臭が発生している場合は、ホースのなかにたまったゴミが原因の可能性が高いです。
ゴミが蓄積されると排水異常になるだけでなく、洗ったばかりの洗濯物にニオイがついてしまうおそれがあります。
ホースにたまったゴミは掃除をして解消できることもありますが、こびりついた汚れは落としにくいものです。
特に、長く使っているホースの場合は、交換したほうがいいかもしれません。

○排水異常を感知してエラー表示が出る
ホース内でゴミが詰まると排水異常になり、洗濯機にエラー表示が出て一時的に使えなくなることがあります。
排水ホースのなかは、洗濯機を使うほど衣類の汚れや糸くず、洗剤のカスなどの汚れがたまりやすくなります。
洗濯機の運転中、水抜きの際にエラー表示が出る場合は、排水ホースで詰まりが発生しているかもしれません。
原因がわからない場合は、使用を中止して販売店や修理業者に相談してみましょう。

交換するホースはメーカーの純正品がおすすめ

新しく交換するホースは、メーカーの純正品をおすすめします。
純正品の排水ホースであれば、切って長さを調節する必要がないので取り替えるだけで済みます。

洗濯機の取扱説明書がある場合は、型番に対応した排水ホースを選びましょう。
もし手元に取扱説明書がない場合は、各メーカーのホームページを参考にしてください。
型番さえわかれば、該当する機種を検索して取扱説明書のダウンロードや閲覧ができます。

互換性のあるホースの購入は「内径」と「長さ」に注意

排水ホースの種類
3d rendering many types of corrugate pipes isolated on white

洗濯機の機種によっては、すでに生産が終了していてメーカー純正の排水ホースが購入できない場合があります。
純正品が用意できない場合は、ネット販売やホームセンターなどで各メーカーに対応した互換性のあるホースを購入しましょう。

ただし、互換性のあるホースにはさまざまな種類があるので、使っている洗濯機に対応したものを選ばなくてはいけません。
排水ホースが長すぎると、勾配やたるみによって排水性能が悪くなることがあり、短すぎても洗濯機本体から排水口まで届かないおそれがあります。
ハサミなどで切って長さを調整できるホースもあるので、どれくらい必要になるか購入前に測っておきましょう。

また、ホースの径の大きさも重要なポイントです。
一般的に、排水ホースは洗濯機本体との接続部分の内径が30㎜です。
しかし、排水口側のエルボ(L字型のパイプ)に接続する部分の径は、31㎜用や36㎜用などサイズが異なることがあるので注意しなくてはいけません。

洗濯機排水ホース 汎用タイプ 2m
1,310円|送料要確認

洗濯機排水ホース 伸縮式
918円|送料要確認

排水ホースを自分で交換してみよう

新しい排水ホースの準備ができたら、交換作業を始めましょう。

準備するもの
  • 新しい排水ホース
  • バケツ
  • タオルまたは雑巾
  • ドライバー
  • ハサミ
  • 防水テープまたは結束バンド

排水ホースの交換手順

洗濯機の排水ホースを交換する手順は以下の通りです。
交換作業の注意点を見ていきましょう。

排水ホースの交換手順
STEP1
給水ホースを外す
STEP2
古い排水ホースを外す
STEP3
新しい排水ホースの長さを調節する
STEP4
排水ホースと本体と排水口につなげる

○STEP1 給水ホースを外す>

洗濯機につながれた給水ホース

排水ホースを外す前に給水ホースを外しておくのは、排水口の位置によって洗濯機を移動させなくてはいけないためです。
給水ホースを付けたまま洗濯機を移動させると接続部分が破損するおそれがあるため、洗濯機を移動させるときは必ず給水ホースを抜くようにしましょう。
給水ホースを外したらなかにたまった水をバケツに出しておきます。

○STEP2 古い排水ホースを外す
排水ホースは、クリップまたはネジ付きの金具で固定されているケースがほとんどです。
クリップの場合は、つまんだ状態でホースを引っ張れば取り外せます。
ネジ式金具であれば、手やドライバーでネジを緩めてからホースを引っ張って外します。

本体からホースを外すときは、なかにたまった水で床が汚れないようにタオルや雑巾を下に敷いておきましょう。
取り外したあとは、ホースの水をバケツに出すことも忘れないようにしてくださいね。
そして、排水口につながっているホースも同じ要領で取り外します。

○STEP3 新しい排水ホースの長さを調節する
先ほども解説した通り、純正品以外の排水ホースに交換する場合は、長さを調節しなくてはいけません。
ハサミなどで古いホースと長さに切断します。

○STEP4 排水ホースと本体と排水口につなげる
古いホースを取り外したときと逆の作業で、新しいホースを取り付けていきます。
排水ホースの接続部分には水漏れを防ぐために、防水テープや結束バンドを巻いておくのがおすすめです。

洗濯機を元の位置に移動させる場合は、排水ホースを下敷きにしないように注意しましょう。
スムーズに排水できるように、ホースにたるみや勾配(こうばい※傾き)がないか確認してください。
排水ホースが防水パンと洗濯機本体の間に挟まれないように配置してくださいね。

長持ちさせるには定期的に掃除をすることが大切

排水ホースは、日ごろのメンテナンスによって長持ちさせることができます。
洗濯機を掃除するときは、洗濯槽だけでなく排水ホースもキレイにしておきましょう。
また、洗濯時に出るゴミはホースのなかだけでなく、排水口付近にもたまりやすいものです。

少しでも長く排水ホースを使うには、定期的に排水ホースと排水口を掃除しておくのがポイントです。
排水ホースや排水口の掃除方法については、以下のページを参考にしてみてください。

自分で難しいと感じた場合はプロに依頼するべき!

業者が見積りしている様子

排水ホースは、クリップなどで洗濯機本体に固定されているのが一般的です。
しかし、なかには接着剤で固定されていてホースが外せないケースもあります。
無理に外そうとして接続部分が破損してしまえば、修理に費用がかかるうえ洗濯機が一時的に使えなくなってしまうかもしれません。

また、洗濯機の移動を自分でおこなう場合、慣れていないと壁や床を傷つけるおそれもあります。
洗濯機を持ち上げている際に足元に落としてケガをすれば、ホースの交換どころではなくなってしまいます。

こうしたリスクを避けて安全に排水ホースを交換するには、洗濯機クリーニングのプロに依頼するのがおすすめです。
プロの業者に任せれば、ホース周りだけでなく洗濯機を丸ごとキレイにしてもらえますよ。
分解洗浄してくれる業者なら、普段は確認できないような洗濯槽の裏側の汚れもピカピカにしてくれます。

\洗濯機クリーニングの値段や口コミを見てみる/

排水ホースの交換も機種に適したものを選んで正しく取り付けてくれるはずです。
間違った方法で水漏れが発生したりサイズを間違えて買ってしまったりする失敗が起きることもありません。
何より、自分の時間や手間をかけなくても、2~3時間ほどの作業で洗濯機をキレイにしてもらえるのは大きなメリットです。

洗濯機の排水ホースの交換目安は2~3年で、定期的にメンテナンスをすれば寿命を延ばすこともできます。
しかし、排水ホースは消耗品であることに変わりはありません。
洗濯機メーカーでも、5年くらいで排水ホースを交換することが推奨されています。
これまでに一度も洗濯機のホースを交換したことがないなら、この機会に新しくしてみてはいかがでしょうか。