ドラム式洗濯機がホコリだらけ…!乾燥フィルター奥まで掃除する方法

こんにちは。

もちやぷらす専属の主婦ライター、わたナギ子です。

ドラム式洗濯機をお使いのみなさんは、乾燥フィルター周辺にたまるホコリ掃除にお困りではありませんか?

じつはドラム式洗濯機には

「トリセツ通りお手入れしているけれど、乾燥フィルター奥の方やすきまにホコリがつまって取れない…!」

といったお悩みが少なくないんですよ。

でもたまったホコリの放置はNG!

  • 乾燥フィルターに水滴がたまる
  • 乾燥運転が終わっても洗濯物が生乾きのまま

といったトラブルにつながることもあるんです。

今回は基本的な乾燥フィルターの掃除方法に加えて、いつもはできないすきまや奥の方の掃除までおこなう方法をご紹介します。

ホコリを徹底掃除して、洗濯機が正常に機能するようにしておきましょう♪

乾燥フィルター(フタ部)のホコリを掃除する方法

ドラム式洗濯機の乾燥フィルターは、洗濯機で乾燥運転をするたびに衣類から出るホコリや糸くずなどがたまるしくみになっています。
そしてホコリがたまったままにしておくと、フィルターが目詰まりして乾燥機能が低下してしまうのでこまめに掃除をしなければいけません。

また洗濯機周辺の湿度が高い場合には、ホコリに水分がついてカビが発生する原因となります。
そのため乾燥フィルターのお手入れは意外と重要ポイントなんですよ。

それではさっそく自力でできる乾燥フィルターの掃除方法をご紹介します。
乾燥するたび毎回おこなう掃除方法と、ホコリがたまったら徹底掃除する方法を解説しますので参考にしてくださいね♪

毎回おこなう乾燥フィルター掃除

乾燥フィルターの本体は素手で簡単に取り外せるしくみになっています。
乾燥フィルターについたホコリは、固く絞った濡れタオルなどでふき取りましょう。

各メーカーの公式サイトや取扱説明書には、「乾燥するたび毎回おこなうお手入れ」などと記載されていることが多いですね。
1回乾燥をおこなうだけで、フィルターの向こう側が見えなくなるほどホコリがたまります。

乾燥フィルターのホコリは、ため込まないことが重要です。

ホコリがたまったらおこなう乾燥フィルター分解掃除

乾燥フィルターの内部や奥の方は、手が届かなくて掃除できない部分がありますね。
ホコリのたまる量は乾燥運転をする頻度によってちがいますので、ホコリの蓄積が気になったら掃除しておきましょう。

*なお乾燥フィルターの分解方法は公式サイトのお手入れ方法には記載されていませんので、自己責任となります。

ここからは、私がいつもおこなっている分解方法をご紹介しますので参考にしてみてください。

【1】まずは乾燥フィルターを取り出し、取り外せるねじをドライバーで外します。

        

【2】続いてフタと本体を分離させます。
四角い穴になっている部分がいくつかあるので、そこにマイナスドライバーを差し込むと外れます。

        
     

【3】本体についていたゴム部なども外せるものは外していきます。
パーツ確認のため写真を撮っておくのがおすすめです。↓

    

   

【4】フィルターをオキシ漬けします。
オキシ漬けとは、酸素系漂白剤のひとつであるオキシクリーンをぬるま湯に溶かし、そこに浸しておくことを指します。オキシクリーンの力で汚れが浮いてくるので軽くこするだけでキレイにすることができるんですよ。

 

オキシ漬けは、30分くらいで完了。
その後洗剤をよく洗い流して乾燥させてから元に戻します。

プラスワンアドバイス
乾燥フィルターを洗うときには、温水を使うと汚れが簡単に落とせるのでおすすめです。
オキシ漬けするときにも40~50℃くらいのお湯を使えば洗剤が溶けやすく、汚れを浮かすパワーも強くなります。

乾燥フィルター(奥側)のホコリを掃除する方法

乾燥フィルター本体の奥には、もうひとつフィルターがあります。
このフィルターは、手前に倒せば簡単に外せます。

公式サイトや取扱説明書には、このフィルターをつけたままぬれタオルで拭くよう記載されていますが、外せればそのほうがお手入れしやすくなりますね。

フィルターは網目が細かく、ホコリがつまると乾燥しにくくなります。上記で紹介した乾燥フィルター本体と一緒にオキシ漬けするのもおすすめです。

ドラム式洗濯機のダクト部を掃除する方法

乾燥フィルターの奥にあるダクト部にホコリがたまることがあります。
操作パネルのエラー表示で「フィルターの掃除」などが表示されたときには乾燥経路もチェックしてみましょう。

ダクト部を掃除するときには専用の道具が必要となります。
洗濯機掃除ブラシは100均やホームセンター、オンラインショップで購入できます。

乾燥機 通気ブラシ(Garosa)
1,975円|送料要確認

PanasonicのNA-VXシリーズであれば、メーカーより専用のお掃除ブラシが販売されているので検討してみるのがよいでしょう。

Panasonic おそうじブラシ AXW22R-9DA0(パナソニック)
1,580円|送料要確認

乾燥フィルターの奥にあるダクト部分にお掃除ブラシを差し込み、ホコリを取っていきます。
ゆっくり動かしてホコリを除去していきましょう。

洗濯機のダクトを掃除するときの注意

洗濯機のダクトを掃除するときには、注意すべきことが3つあります。

  • ダクト内にモノを落とさないこと
  • ダクトを傷つけないこと
  • 完璧を求めないこと

ダクトの奥にモノを落とすと、撤去するのが難しくなります。
掃除に綿棒やピンセット、割りばしなどを使っていて、ダクト内へ落としてしまうケースがありますので気をつけてください。

またブラシでダクトを傷つけないように気をつけましょう。
ダクトは途中でカーブしていますので、強く当てて突き破ってしまうケースもあるようです。


じつはお掃除用ブラシを使った掃除では、ダクト内を徹底掃除できるほどの効果は期待できません。

応急処置程度のホコリ除去しかできませんので、ムリなホコリ除去に挑戦するのはやめておきましょう。

徹底掃除をしたいときには、洗濯機クリーニングのプロに任せるのが適切です。
また掃除中にダクト内へモノを落としてしまったときにも、プロのクリーニングに任せれば解決するでしょう。

洗濯機クリーニング業者を探す

排水フィルターのゴミも掃除しておこう


洗濯機の下部にもフィルターがあるのをご存じでしょうか。洗濯や乾燥時に出るホコリやゴミくずは、洗濯機の下部にある排水フィルターにたまるしくみとなっています。

洗濯機は排水フィルターも忘れず掃除しておきましょう。
ここにゴミがたまっていると、洗濯機の運転終了に時間がかかるようになります。

排水フィルターの掃除方法は、取り出してゴミを除去するだけです。
洗濯機本体に説明がついていますのでそれにしたがいましょう。

洗濯機は定期的にクリーニングがおすすめ

洗濯機は年に一度くらいを目安にプロに掃除してもらうのが理想です。

ドラム式洗濯機は、乾燥機能を使うたびに大量のホコリが発生し、自力で掃除できない場所の汚れを放置すれば洗濯機のエラーやトラブルにつながるからです。

また洗濯機内は、つねに湿気がありますのでカビが繁殖しやすい環境となっています。
カビが気になる季節の前に、プロによる洗濯機クリーニングを依頼するとよいかもしれませんね。

洗濯機クリーニングは、ハウスクリーニング業者に依頼すれば受けつけてもらえます。
ただどの業者に頼んだらよいのかわからないというケースもあることでしょう。

「もちや」なら、口コミや料金を比較しながら業者を選ぶことができるので便利です。一度業者を比較して探してみてはいかがでしょうか。

ハウスクリーニング業者をさがす