ハッカ油シャンプーで夏でも爽やかな気分!作り方や使い方・効果をご紹介

暑くなる季節に、おすすめなのがハッカ油。
そんなハッカ油はシャンプーに混ぜて使えば、少量でも心地よい清涼感を得られるんですよ。

ただし、原液のままだと成分が強力なため注意点をしっかり守って使いましょう。
気をつけて使わないと肌荒れなどのトラブルに遭うおそれがあります。

そこでこの記事では、暑さを乗り切るために試しみたいハッカ油シャンプーの方法をご紹介していきます。
注意点もあわせてお伝えしていきますので、記事を読んだうえで試してみてくださいね。

ハッカ油をシャンプーに混ぜても大丈夫?

ハッカ油は、和製のミントであるハッカを蒸留精製したものです。
天然成分のため、人体に無害となっています。
食品添加物と記載されているものなら、口に入れても問題ないぐらいなんです。

そのため、頭皮にハッカ油につけても大丈夫!
ただしハッカ油は、スーッとするメントール(メンソール)の成分が入っているため刺激が強いです。

大量に使うと肌荒れや痛みをともなうのでご注意ください。
一度のシャンプーで1~2滴手程を目安に使いましょう。

ハッカ油で得られる効果

ハッカ油には抗菌効果や消臭効果があるので、皮脂分をスッキリさせて汗のニオイを緩和させられます。

頭皮に刺激を与えることで血流もよくなるので、育毛にも効果があるといわれています。
ただし肌の弱い方には逆効果だったり、使ってみても思ったような効果を得られなかったりするかもしれません。

また、大量にハッカ油をつければよいわけでありません。
あくまで、頭皮に清涼感を得られることを目的に使うのが最適といえるでしょう。

ハッカ油シャンプーの手順

それでは、さっそくハッカ油シャンプーの方法について見ていきましょう。
万が一、洗髪中にハッカの成分が口に入ってしまっても問題ないように、食品添加物のハッカ油がおすすめです。

用意するもの
  • ハッカ油
  • シャンプー

ハッカ油シャンプーは、頭皮が汚れている状態では効果が得られにくく感じることがあるそうです。
そのため、シャワーで頭皮にお湯をかけながら、軽く洗い流してからおこないましょう。

手順
STEP1
シャンプーを適量手に取る
STEP2
ハッカ油をその上に1~2滴垂らす
STEP3
泡立てて、頭皮や髪を洗う
STEP4
お湯でしっかりと洗い流す

シャンプー後、1~2時間ほど清涼感が持続します。
効果が薄いと感じても、2滴程度にとどめておきましょう。

また清涼感が得られるぶん、頭皮の洗浄が不十分になることも。
いつも通り、しっかり頭皮や髪を洗うことが大切ですよ。

編集部ボイス

シャンプーをする前にブラッシングすると、髪に付着している汚れを落とせてシャンプーの成分が浸透しやすくなりますよ。
あまり効果が感じられなかったら、入浴前にブラッシングを試してみてくださいね。

ハッカ油シャンプーをおこなう際の注意点

ハッカ油シャンプーに慣れてきても油断は禁物。
これからお伝えする注意点を忘れずに、おこなうようにしましょう。

頭皮に荒れ、キズなどがないか

頭皮をうっかり爪でひっかいて荒れていたり、ケガによるキズがあったりする場合に、ハッカ油は使用しないようにしましょう。

頭皮が荒れていると、その部分がしみやすくなって痛みをともなうおそれがあります。
清涼感を得るはずが、痛い思いをするのはツライですよね。
そのため、頭皮に異常がないか確かめてからにしましょう。

小さなお子さんと入浴の際は使用に注意

ハッカ油の原液は刺激がとても強いです。
そのため、小さなお子さんと一緒に入浴しているときにハッカ油を使うときには、うっかり手を滑らせないようにご注意ください。
湯気が立ち上っている場所でハッカ油を垂らすと、メントールの刺激が強すぎてむせることがあります。

希釈していないハッカ油の取り扱いには、十分ご注意ください。

シャンプーボトルにハッカ油を混ぜない

「毎回シャンプーにハッカ油を混ぜるのは面倒……」と思われるかもしれません。
とはいえ、直接シャンプーボトルに、ハッカ油を混ぜるのはおすすめできません。

量の調整が難しいので入れすぎてしまうおそれがあります。
反対に、せっかくハッカ油を入れたのにあまり効果を感じられてないことも……。

家族の方とシャンプーを共有している場合も、控えたほうがよいでしょう。
多少手間に感じるかもしれませんが、シャンプーで洗髪するたびにハッカ油を1滴混ぜるのが確実ですよ。

または、はじめからメントール成分が配合されているシャンプーを使うのも手。
さまざまな商品がありますので、お好みのシャンプーを見つけるのもよいかもしれませんね。

ミントベル マリンブルーシャンプー
1,880円|送料要確認
公式サイト:サンコール

ほかにもある!ハッカ油の使い方

最後は、試してみたいハッカ油の使い方についてお伝えしていきます。

マスクに使用する

希釈してスプレー状にしたハッカ油をマスクにつければ、暑苦しさが緩和されて気分爽快になりますよ。
ハッカ油スプレーは、水道水でも作れますが、きちんと作るなら精製水で希釈するのがおすすめです。

また、ハッカ油による清涼感はあくまで体感的なものによりますので、水分補給は忘れずにしっかりとおこないましょう。

ハッカ油スプレーの詳しい使い方や作り方は、下記の記事をご覧ください。


足の裏に使う

暑い夏は、足元もベタベタで気持ち悪く感じてしまいますよね。
足の裏にハッカ油スプレーをつけると、足元がひんやりとして心地よさが得られます。

さらに足のニオイが気になる方にもおすすめです。
消臭効果で気になる足臭も抑えられますよ。

ハッカ油シャンプーを済ませたお風呂上がりに、足の裏にもハッカ油をつけてみてはいかがでしょうか。

このように、ハッカ油にはさまざまな使い方があります。
夏にはアウトドアでも活躍しますので、常備しておくのもよいかもしれませんね。