オキシクリーンとは|オキシ漬けで話題の酸素系漂白剤を使ってみたい

オキシクリーンを生活に取り入れるときには、購入前に、特徴や使い方などをしっかり確認しておく必要があります。

オキシクリーンは掃除や洗濯に使える万能アイテムとして話題ですが、使い道や方法が正しくないと、満足する効果が得られないこともあるからです。

このコラムではオキシクリーン初心者の方向けに、特徴から使い方、販売店までをくわしく解説していますので、参考にしてくださいね♪

オキシクリーンとは

オキシクリーンとは、衣類のシミや汚れを漂白・除菌することができる粉末の酸素系漂白剤です。

衣類の洗濯以外にも、キッチン・洗面所・お風呂・トイレ・玄関などさまざまな場所を掃除することもできる万能アイテムとしてSNSでも話題になっていますね♪

おもな成分は過炭酸ナトリウムで、汚れやニオイをスッキリ落としてくれる優れモノです。

これひとつあれば場所ごとに別の洗剤が必要なくなるので、便利だとして人気が高まってきました。

オキシクリーンの成分やはたらきについてのくわしい情報は【オキシクリーンの成分|コストコのアメリカ製と日本製の違いと安全性】で解説していますのであわせてお読みください。

オキシクリーンで落とせる汚れ

オキシクリーンは、どんな汚れが落とせるのでしょうか?

洗濯に使うときと掃除に使うときにわけて紹介していきますね。

洗濯で落とせる汚れ

  • 食べ物や飲み物のシミ
  • 汗などの黄ばみ
  • 油などの黒ずみ
  • 古いガンコなシミ
  • 血液

掃除で落とせる汚れ

  • 油汚れ
  • 皮脂汚れ
  • 焦げつき
  • 古いこびりつき汚れ

オキシクリーンはアルカリ性なので、基本的に酸性の汚れを落とすのに優れています。

ただ、オキシクリーンには種類があって、目的に応じて使い分けることが重要です。

とくに、オキシクリーンにはアメリカ版と日本版の2種類がありますので、それぞれの特徴を知っておくことが大事です。

オキシクリーンの種類、アメリカ版と日本版のちがいなどは【オキシクリーンの種類を解説!日本版とコストコアメリカ版の違いは?】でくわしく解説しています。

オキシクリーンに似た洗剤でも効果は同じ?

オキシクリーンが話題になるにしたがって、似たような洗剤を見かけることも増えましたね。

いわゆる酸素系漂白剤なら何でも同じじゃないの?

と思われる方も多いことでしょう。

また、オキシクリーンを買いたいけれど、なかなか買いにいけないので代用品で済ませられないものかというケースもあるかもしれません。

そんなときには、主成分が過炭酸ナトリウムの洗剤であれば代用品として同じような効果は期待できます。

もちろん、過炭酸ナトリウムそのものもOKです。

まずは身近にある洗剤の主成分を確かめてみることをおすすめします。

オキシクリーンに代用できるものは【オキシクリーンの代用品は4つ!自分が買いやすいものを選ぼう】でくわしく紹介していますのであわせて読んでみてください。

オキシクリーンおすすめの使い方は3つ

オキシクリーンのおもな使い方は次の3つです。

1.オキシ漬け

オキシ漬けとは、いわゆる「漬けおき洗い」のことです。

お湯に溶かしたオキシクリーンの中に、汚れを落としたいものを入れて放置し、汚れを浮かせます。

2.オキシ足し

洗濯で使う方法です。

いつもの洗剤にオキシクリーンを足して、漂白・消臭をします。

3.プレケア

ガンコなシミや汚れを集中的に落とす方法です。

洗濯の前にピンポイントでオキシクリーン成分を密着させて汚れを浮かせます。

オキシクリーンはどんな汚れも落としてくれる万能アイテムです。

しかしその一方で、色あせや、コーティングの剥がれを招いてしまうこともありますので、使い方には注意が必要です。

オキシクリーンの使い方ポイント・やってはいけないNG方法については【オキシクリーンの使い方はさまざま!NG使い方や効果発揮のポイント】でくわしく解説していますので参考にしてみてください。

オキシクリーンはどこで購入できるの?

オキシクリーンの販売店としては、コストコがよく知られています。

大容量でコスパがいいので、購入先としてはおすすめです。

コストコへ出向くのがむずかしいという場合や、大容量は必要ない、という場合は、そのほかの店舗でも購入することができますよ。

近くのドラッグストアやホームセンター、100円ショップなどでも販売されています。

ただ、販売店によって価格はちがいますのでよく確かめてから購入しましょう。

オキシクリーンの販売店・価格・安く購入する方法は【オキシクリーンの販売店|コストコ以外の店舗一覧と安く購入する方法】で紹介しています♪

まとめ

オキシクリーンは、落としてはいけない色柄や、表面のコーティングまでも、落としてしまうことがあるので注意が必要です。

しかし、コツさえつかめば、オキシクリーンは、家中ピカピカにするための万能アイテムとしてとても頼りになります。

うまく活用して、オキシクリーン生活をはじめてみませんか♪