クエン酸の使い方|掃除から美容・健康維持・洗濯まで!活用術紹介

クエン酸を手に入れたら、使い方を確かめておくことをおすすめします。

エコ洗剤として知られているクエン酸ですが、掃除だけでなく、かなり多くの使い道があるからです。

クエン酸をあまらせておくのはもったいない!

目からウロコの使い方もあるんです……。

今回は、クエン酸の使い道をまとめてご紹介します。

クエン酸を、マルチに活用してみてくださいね♪

クエン酸の掃除活用術

クエン酸は、掃除に活用できることで知られています。

ただ、適切な使い方についてしっかり理解できている方は少ないかもしれません。

ここで、クエン酸の掃除活用法についておさらいしておきましょう。

クエン酸で落とせる汚れ・落とせない汚れ

クエン酸は、アルカリ性の汚れを落とすのに適しています。

家庭にあるアルカリ性の汚れとは、次のようなものです。

  • 浴室の鏡についた白いうろこ状の水垢
  • シンクのガサガサした白い水垢
  • 蛇口などのステンレス部のくもり汚れ
  • 浴室の小物にこびりついた石けんカス汚れ
  • トイレの黄ばみ
  • アンモニア臭の原因となる汚れ
  • 洗濯槽や電気ポットなどについた白い炭酸カルシウム

一方で、クエン酸では落とせない汚れもあります。

クエン酸と同じ、酸性の性質をもつ汚れです。

クエン酸は、自分と同じ酸性の汚れを落とすのが苦手なのです。

酸性の汚れには次のようなものがあります。

  • 油汚れ
  • 皮脂汚れ

このような酸性の汚れは、重曹・セスキ・過炭酸ナトリウムなどで落としましょう。

クエン酸を洗剤として使う方法

クエン酸は、水に溶かして使うのがおすすめです。

水に溶かすことで酸性の性質をもつようになり、アルカリ性の汚れを分解することができるからです。

また、クエン酸は水に溶けやすいので、クエン酸水を作るのも簡単ですよ♪

クエン酸水の作り方は、こちらの記事でくわしく紹介していますので参考にしてみてください。

クエン酸を使って掃除をする方法

クエン酸は、家の中のさまざまな場所の掃除に役立ちます。

とくにクエン酸を使うのがおすすめな場所は、トイレ・浴室・キッチンです。

クエン酸は水垢や尿汚れを落とすのに適しているからです。

汚れが気になるところへクエン酸水をスプレーし、しばらく置いてから拭き取るのが基本的な掃除方法です。

場所別のくわしい掃除方法や重曹との使い分けは、こちらの記事でご紹介していますので参考にしてみてください。

クエン酸の洗濯活用術

クエン酸は、洗濯での柔軟剤代わりとして使えますよ。

洗剤で洗濯したあとにクエン酸を柔軟剤として使えば、洗濯物のゴワゴワ感を軽減できます。

また、タオルの洗濯に使用すると、普段より吸水力がアップします。

市販の柔軟剤は、繊維をコーティングしてフワッとさせる効果がある一方で、吸水力が落ちてしまいます。

市販の柔軟剤と比べると、ふんわり感は劣りますが、吸水性を重視したいときにはクエン酸がおすすめです。

クエン酸は環境にやさしく、人肌にも影響が少ないので、赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使えますよ。

クエン酸を洗濯に活用する方法は、こちらの記事でもくわしく紹介していますので参考にしてください。

クエン酸を取り入れて健康維持

クエン酸は、柑橘類やお酢、梅干しなどに含まれる「すっぱい」成分です。

クエン酸は、体内でエネルギーを生み出すために必要な要素!

クエン酸が不足すると、生命を維持したり、体の調子を整えたりするためのエネルギーを生み出せなくなります。

その結果、免疫力低下・食欲不振などの悪影響を及ぼすようになります。

ですから、クエン酸が不足している場合は、適切に補うことが大切です。

ただし、やみくもに大量のクエン酸を摂取すればよいというわけではありません。

クエン酸は体内に溜めておくことができないからです。

また、食事でクエン酸を摂取する場合、クエン酸とともに塩分や糖分などを摂取しすぎてしまうおそれもあります。

適量を保って健康維持につなげましょう。

また、クエン酸は、食用・掃除用など用途を分けて販売されています。

摂取するときには、「食用可能」であるかどうかを確認しましょう。

食用クエン酸のくわしい内容は、こちらの記事で解説していますので参考にしてください。

クエン酸の美容活用術

クエン酸は、スキンケアにも活用することができるんですよ♪

水に溶かしたクエン酸で顔を洗い流すと、ピーリング効果が期待できます。

ピーリング効果とは、肌の古い角質を取り除いて、透明感のある美肌に近づけるはたらきのことです。

また、クエン酸は殺菌効果も高いので、ニキビ予防にも役立ちます。

さらに、重曹を加えると毛穴の黒ずみを解消する効果もあります。

そのほか、クエン酸はリンスとして使うことも可能です。

クエン酸をリンスとして使うことで、シャンプー後の毛髪のきしみを軽減することができますよ。

クエン酸をリンスとして活用したいときには、適切な使用法や注意点を確認してみてくださいね。

まとめ

クエン酸は使い方が豊富な便利アイテムです。

お掃除だけでなく、洗濯や美容、健康維持に活用することができます。

もし、家にクエン酸があまっているのなら、さまざまな活用術を試してみてください。

ただし、使い方をまちがえると、思わぬ事故やトラブルになったり、期待通りの効果が得られなかったりすることもあります。

使用方法をよく確認してから、クエン酸を生活に取り入れてくださいね。