オキシクリーンでトイレをピカピカに!便器・タンク・床の掃除方法

オキシクリーンはトイレ掃除にも使うことができます。

オキシクリーンがもつ「除菌作用」と「漂白作用」によって、トイレをピカピカにすることができるんです。

この記事では、オキシクリーンを使った「便器」「タンク」「床」の掃除方法をくわしくご紹介します。

オキシクリーンを使うときの注意点も解説しますので、使い方がよく分からないという方はぜひ参考にしてみてください。

オキシクリーンでトイレ掃除をする効果

オキシクリーンには「除菌作用」と「漂白作用」があります。

「除菌作用」には、トイレで繁殖する雑菌を抑制する効果があります。

カビや雑菌が原因で起きる便器の黒ずみを除去し、防止することができるんです。

「漂白作用」には、汚れを分解して落とす効果があります。

オキシクリーンから発生する酸素の泡によって、トイレにたまったガンコな汚れも落とすことができますよ。

オキシクリーンを使ってトイレをピカピカにする方法

オキシクリーンでトイレの「便器」「タンク」「床」を掃除してみましょう!

1.便器を掃除する方法

用意するもの

  • オキシクリーン …… 付属のカップ1杯
  • お湯 …… 2リットル(40~50度)
  • バケツもしくは洗面器
  • ゴム手袋
  • トイレットペーパー
  • 泡だて器

作業手順

  1. 手にゴム手袋をつける
  2. バケツもしくは洗面器にお湯を入れる
  3. オキシクリーンを中に入れて泡だて器でしっかり混ぜる
  4. 便器の中に流し込む
  5. キッチンペーパーを便器の内側全体に貼る
  6. 2時間ほど放置する
  7. 水を流す(大量のトイレットペーパーを一度に流すとつまることがあるので、量が多い場合はトイレットペーパーを取り除いてから流す)

2.タンクを掃除する方法

用意するもの

  • オキシクリーン …… 付属のカップ2杯
  • お湯 …… 8リットル(40~50度)
  • バケツ
  • ゴム手袋
  • 泡だて器
  • 使わない歯ブラシ

作業手順

  1. 手にゴム手袋をつける
  2. バケツにお湯を入れる
  3. お湯にオキシクリーンを加えて泡だて器でしっかり混ぜる
  4. トイレの止水栓を閉める
  5. タンクのフタを開ける(内フタがある場合は内フタも外す)
  6. レバーを引いて、タンク内の水をすべて排水させる
  7. オキシクリーンとお湯を混ぜたものをタンクに入れる
  8. 1~2時間放置する
  9. オキシクリーンとお湯が届かない箇所は歯ブラシの先を浸しながら汚れをこすり落とす
  10. レバーを引いてオキシクリーンを流す
  11. 止水栓を戻す
  12. タンク内の汚れがなくなるまで水を流す
  13. タンクのフタと内フタを戻す

3.床を掃除する方法

用意するもの

  • オキシクリーン …… 付属のカップ1杯
  • お湯 …… 2リットル(40~50度)
  • バケツもしくは洗面器
  • ゴム手袋
  • 泡だて器
  • 雑巾 …… 2枚

作業手順

  1. 手にゴム手袋をつける
  2. バケツもしくは洗面器にお湯を入れる
  3. お湯にオキシクリーンに加えて泡だて器でしっかり混ぜる
  4. 雑巾を中に入れて固く絞る
  5. 雑巾で壁を拭く
  6. 新しい雑巾で水拭きをする

オキシクリーンでトイレ掃除するときの注意点

オキシクリーンを扱うときに、注意したいことが3つあります。

【注意1】熱湯を使わないようにする

オキシクリーンとお湯を混ぜるときに熱湯を使うと、便器が割れてしまうことがあります。

お湯を使用するときは温度に気をつけるようにしましょう。

40~50度くらいが理想的です。

【注意2】素手で触れないようにする

オキシクリーンは洗浄力が高いので、皮膚の油分まで分解してしまうことがあります。

オキシクリーンを扱うときは、ゴム手袋などをつけて皮膚を守るようにしましょう。

掃除するときは、換気も忘れないようにしてくださいね。

【注意3】相性の悪い素材に気をつける

オキシクリーンは、アルミ製や金属、大理石などの素材とは相性がよくありません。

これらのような水洗いできないものにはオキシクリーンを使わないように気をつけましょう。

まとめ

オキシクリーンのトイレ掃除は、「除菌作用」と「漂白作用」によりキレイにすることができます。

トイレの便器・タンク・床の掃除はオキシクリーンとお湯を混ぜることで簡単にキレイにすることができるのでぜひ試してみてください。

ただし、オキシクリーンで掃除をするときは熱湯を使わないように注意しましょう。便器が割れてしまう原因にもなるので、40~50度を目安に使用してください。

オキシクリーンは素手で触ると手が荒れてしまうおそれがあります。必ずゴム手袋をつけて掃除するようにしてくださいね。