重曹を掃除で使いこなそう!台所~玄関まで目からウロコの使い道も

重曹で掃除をするときには、重曹の活用方法や活用できる場所をあらかじめ確認しておきましょう。

重曹は家のいろいろな汚れを落とすことができますが、正しい方法で使わないと思ったよりキレイにならないことがあります。

また、重曹と相性のよくない素材もありますので十分注意が必要です。

このコラムでは、重曹の特徴や使い方のほかに、場所別掃除方法や注意点を紹介していますのでお掃除の参考にしてくださいね。

重曹が掃除におススメな理由

重曹は食品添加物や入浴剤などにも使われていますが、掃除にも使える万能な掃除アイテムなんです。

重曹の魅力はいったいどこにあるのでしょうか。

ここでは、まず重曹がもつ性質の特徴から掃除にオススメする3つの理由をご紹介しますね。

1.油汚れをスルッと落としやすくしてくれる

重曹は弱アルカリ性で、酸性の油汚れや油脂汚れを分解して中和する作用があります。

このため、重曹を使うことで油汚れをスルッと簡単に落としやすくしてくれるんです。

アルカリ性の汚れである水垢や洗剤カスには、クエン酸または酢の力を借りるのがオススメです。

クエン酸や酢は、重曹とは逆の酸性の性質をもっているので、アルカリ性の汚れを落とすのに効果があります。

クエン酸はレモンなどにも含まれる酸っぱい成分のことで、粉状になったものが売られています。

2.クレンザーの役目を果たしてくれる

重曹はひとつひとつの粒子が細かく、水に溶けにくい性質をもっています。

研磨作用があることからクレンザーの役割も果たしてくれるんです。

細かい粒子によって根の深い汚れがかき出されるので、こすり洗いしたい場所には便利に使えますよ。

たとえば風呂場などの湿気の多い場所に発生したカビ汚れが、落ちずに困ったことはありませんか?

重曹を使えば、ガンコなカビ汚れも落としやすくなっちゃうんです。

3.ガンコな汚れを浮かせてくれる

重曹は、酢と混ぜ合わせることで炭酸ガスが発生します。

酸性とアルカリ性が中和されることで洗浄効果は薄くなってしまいますが、泡の力でガンコな汚れを浮かせて落としやすくすることができます。

こうした理由から重曹は万能の掃除アイテムといえるんです!

重曹の効果的な使い方

重曹は特性を活かすことで、さらに効果的に使えます。

場所や落としたい汚れによって使い分けてみましょう。

1.重曹水スプレー

重曹小さじ1杯を100mlの水に溶かしてスプレーボトルにつめれば、重曹水スプレーが簡単に作れます。

重曹は水に溶けにくいので、使用する前にはよく振ってから使ってくださいね。

重曹水は汚れ落としに幅広く使えますが、乾くと白い粉が残るので仕上げ拭きを忘れずにしておきましょう。

2.粉のまま使う

重曹を粉末のままかけて磨けば、研磨作用で汚れをキレイに落とすことができます。

体にも害がないので、食器などにも安心して使えるのがうれしいですね。

3.ペースト状にして使う

水と重曹を1:3の割合で混ぜてペースト状にすれば、ガンコな汚れに効果を発揮します。

汚れた場所に重曹ペーストを塗りつけたら、中和させるためにしばらく放置しておきます。

時間がたったあとスポンジなどで軽くこすると、固まった汚れを簡単に落とすことができるんです。

重曹は台所掃除で大活躍

重曹は、台所周りの掃除が楽しくなるほど大活躍します。

ここでは、重曹が効果的に使える場所の例をいくつかご紹介しますね。

換気扇

換気扇は調理中に出る水蒸気とともに、油汚れやホコリがつきやすい場所です。

ごってりと汚れのついた換気扇には濃いめの重曹水かペーストを塗り込むなどして汚れを中和させます。

時間をおいてからスポンジなどでこすれば、簡単に汚れを落とすことができます。

五徳

ガスコンロにある五徳は、長く使うほど焦げつき汚れがガンコになっていきます。

重曹は65℃以上のお湯に溶かすことで分解されて強アルカリ性になるので、酸性の汚れに効果的に使えるんです。

強アルカリ性にした重曹を使えば、こびりついた油汚れも簡単に落とすことができます。

排水口

排水口にはぬめりなどの汚れがたまりやすく、場合によってはイヤなニオイが発生することもあります。

排水口には、重曹を粉状のまま使うことがおすすめです。

受け皿を取り出して重曹を粉のままふりかけて歯ブラシなどでこすり洗いしましょう。

排水口の中にも惜しまず重曹をかけておけば、消臭効果もあります。

重曹で掃除できる場所~台所以外にもたくさん

重曹は台所周りだけでなく、家中のさまざまな場所で活用することができます。

いくつか例をご紹介しますので、こちらもぜひ試してみてくださいね。

風呂

風呂は浴槽をはじめ、床などに重曹水を吹きかけておけば毎日のお手入れも簡単におこなうことができます。

「カビなどガンコな汚れにはペースト」、「排水口には粉状のまま」といったように重曹を上手に使い分けることで、効率よく掃除することができますよ。

洗濯機

洗濯機は常に湿気があることから、カビが発生しやすいので注意しなくてはいけません。

掃除をおこたってしまうと、せっかく洗った洗濯物がカビ臭い!なんてことになってしまいます。

方法は簡単でゴミ取りネットを外したあと45℃前後のお湯をためて、重曹を200グラム投入したら標準コースで回すだけです。

重曹は酸性のカビを落とすだけでなく、消臭効果というメリットもあります。

トイレ

トイレには黒カビやヌメリのほか、手垢などがつきやすいので、重曹水スプレーを吹きかけて定期的にお手入れしましょう。

便器内も重曹水スプレーを吹きかけてから時間をおいてブラシで磨けば、キレイな状態を保つことができます。

フローリングの床

フローリングの床は素足で歩くこともあるため、皮脂汚れなどがたくさん付着します。

ただしフローリングの場合はワックスなどを剥がしてしまわないように、薄めの重曹水を使うことがおすすめです。

雑巾に重曹水を浸して固くしぼって拭き、仕上げに水拭きしておきましょう。

カーペット

カーペットには、重曹水を吹きつけて時間をおいて汚れを浮かせてから、乾いた雑巾などで拭き取るようにしましょう。

またカーペットのニオイが気になるという方は、重曹を粉のままふりかけて数時間放置しておけば汚れやニオイを吸収してくれます。
あとは掃除機で重曹を吸い取るだけで、簡単にカーペット掃除ができますよ。

壁紙には、手垢が付着したりカビなどが発生したりすることがあります。

壁には重曹スプレーを吹きかけて、水拭きでキレイに仕上げ拭きをしましょう。

玄関

玄関などの泥汚れには粉のまま重曹をふりかけて、湿らせたブラシなどで汚れをこすり落とします。

バケツなどで流せない場合は、固くしぼった雑巾で重曹をキレイに拭き取っておきましょう。

重曹を掃除に使うときの注意点

重曹は万能な掃除アイテムですが、使ううえでの注意点もあります。

場合によっては取り返しがつかなくなってしまうこともあるので、覚えておきましょう。

【1】重曹と相性がよくない素材に使用しない

重曹は使う素材によっては、相性がよくないものがあります。

アルミなどの金属に使用すれば黒く変色しますし、生木などに使うと黄色くなってしまうこともあるんです。

また、大理石に使用するとツヤがなくなったり変色したりする場合あるので気をつけましょう。

重曹を使う前には、素材を傷めないためにも目立たない場所で試して問題ないか確認することが大切です。

【2】ゴム手袋を着用する

重曹は弱アルカリ性ですが、使う人の体質によっては手荒れなどを引き起こすことがあるため、必ずゴム手袋を着用してください。

とくに重曹を熱いお湯に溶かした場合は強アルカリ性になるので、より注意が必要です。

【3】保管環境に気をつける

重曹は、直射日光を避けて空気にふれないよう密閉容器に入れて風通しのよい場所で保管しましょう。

とくに湿気を含むと、固まってしまうおそれがあるので注意してくださいね。

重曹は保管環境に気をつけて品質が劣化しなければ、3~5年は使えるまさに万能の掃除アイテムです。

まとめ

重曹の弱アルカリ性の性質を利用して、酸性の皮脂や油汚れを中和して汚れを落とすことができます。

汚れを浮き上がらせるだけでなく、ガンコな汚れも簡単に落とせるようになります。

また水に溶かしたり粉状で使ったりと用途によって使い分けることで、さらに効果的に活用できる便利な掃除アイテムです。

正しく重曹を使って、家中をピカピカにしちゃいましょう!