掃除のプロを、口コミと価格で比較できる!予約サイト「もちや」

エアコンクリーニングの相場や作業とは?対応がいい業者を選ぶコツ/エアコンクリーニング

最近、エアコンの汚れが気になるmochiya編集部のワダです。自分で掃除するには、時間も手間もかかるエアコン……。

そこで今回は、エアコンクリーニングの専門業者にお願いすることに!

初めての利用ということで、料金相場や作業内容、いい業者さんを見極めるコツなどを調べてみました。

エアコンクリーニングを頼もうか迷っているという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

プロのエアコンクリーニングとは?

専門業者によるエアコンクリーニングは、エアコン本体の分解と、内部の汚れをとるのが一般的。

エアコン内部に溜まった、カビ、ホコリ、油煙(ゆえん)、たばこの煙などの汚れを、高圧洗浄機でキレイに掃除してくれます。

この作業には、専門的な知識と技術、そして経験が必要です。

素人の私たちには、とうていマネできない掃除方法ですね。

最近では、内部が洗浄できると謳ったエアコン掃除用のスプレー式洗浄剤も市販されていますが、使い方を誤ってしまうと故障の原因となってしまう可能性も。

このようなリスクを考えると、エアコン掃除は、プロに依頼するのが安心ですね。

相場は?エアコンクリーニングの料金

エアコンクリーニングの料金相場は、エアコンの機種によって変わりますが、お掃除機能付きのエアコンは高くなります。

これは、構造が複雑なため、分解・洗浄に時間がかかるからです。

エアコンクリーニングの料金相場

壁掛けタイプ

一般的なエアコンです。

古いタイプだと、業者さんに断られてしまうこともあるみたいなので、事前に年式を確認して、伝えておきましょう。

壁掛けタイプ(お掃除機能なし)

  • 10,000~15,000円※幅が1m以上の場合は約14,000円

壁掛けタイプ(お掃除機能付き)

  • 15,000~26,000円

家庭用埋め込みエアコン

  • 20,000~36,000円

天井や壁にエアコンが埋め込まれているタイプです。

会社や飲食店に多いエアコンですが、最近では一般的なお家でも設置する方がいらっしゃるそう。

壁掛けタイプよりも、お値段は約5,000~10,000円高くなります。

値段をうりにしている業者もありますが、オプションの追加が必要だったり、すぐに予約できなかったりと、希望や予定通りにいかないケースもあります。

必ず料金相場を確認し、相見積もりをとるようにしましょう。

オプションの料金相場

防カビ・抗菌コート

  • 2,500~3,500円

室外機の洗浄

  • 3,000~8,000円

エアコンクリーニングの料金を安くするテクニック

一番手軽なのは、複数台割引を利用する方法です。ほとんどの業者が2台目以降は安く料金を設定しています。

そのほか、時期によってはキャンペーンを実施している業者もあるので、定期的に公式サイトをチェックするのもひとつの方法です。

また大手の業者よりも地元の個人業者の方が、料金設定が安い場合もあります。

広告費や店舗にお金をかけないぶん、安くできるのだと考えられます。

大手業者と個人・中小業者、どっちがいい?

エアコンクリーニングで検索すると、大手の業者と、個人・中小業者が出てきます。

どちらを選べばいいのか迷う方が多いのではないでしょうか。

個人的には、初めて利用するなら大手業者を選択したほうがいいと思います。

理由は、技術力はある程度保証されていて、補償もしっかりとしているからです。

技術力に関しては、両者ともに担当者によるといえます。

ただ、研修制度などがある大手業者であれば、最低限の補償はあるはずです。

料金で選ぶのなら、個人・中小業者が圧倒的。

一般的な壁掛けタイプのエアコン(お掃除機能なし)なら10,000円以内が相場です。

大手業者と個人・中小業者を比較

  • 技術:大手業者個人・中小業者
  • 料金:大手業者個人・中小業者
  • 補償:大手業者個人・中小業者
  • トラブル時の対応:大手業者個人・中小業者

※平均的な比較で、必ずこの限りとは限りません

エアコンクリーニングを依頼するタイミング

使っている部屋などにもよりますが、エアコンクリーニングは年1回が目安です。

実は私、この回数を知ったとき「そんなに!?」と、思ったより多くて驚きました。

でも、汚れたまま使い続けると、冷房や暖房の効きが弱くなる、カビの匂いがする、人によってはエアコンから出た空気を吸ってアレルギーを引き起こすこともあるんだとか。

家族の健康を守るためにも、定期的なエアコンクリーニングは必要なんですね。

エアコンのフィルター掃除は2週間に1回

エアコンのフィルターは、自分で取り外して、掃除機やブラシでキレイに掃除できます。

冷房や暖房を使う季節には、2週間に1回以上が理想です。

省エネ効果も期待できるそうなので、ぜひ習慣にしてみてくださいね。

ちなみに私の経験上、お掃除機能付きの壁掛けエアコンは気を付けたほうがいいです。

外したフィルターを取り付けるさいに、セッティングが悪いと、自動掃除中にハケに巻き込まれてしまうことが。

そうなると、柔らかい素材でできたフィルターは、曲がって使えなくなる場合があります。

私の場合は、フィルターを交換することになってしまいました。トホホ……。

見積もりから作業まで!エアコンクリーニングの流れ

業者によって多少違いはあるかもしれませんが、一般的な流れは下記になります。

エアコンクリーニングの作業をざっくりと把握しておきましょう。

見積もり日の予約

  1. 電話・お問い合わせフォームから見積もり依頼
  2. 業者から折り返し連絡があり、見積もり(訪問日)を調整します

※見積り訪問なしの業者もあります。
※訪問日当日に作業を希望する場合は、この時に伝えましょう。

見積り訪問

  1. エアコンを確認しながら、料金やサービスの内容を説明します

クリーニング当日

  1. クリーニングの前に、正常に動作しているかチェック
  2. 床が汚れないようにマットなどで保護します
  3. エアコンを分解
  4. 壁が汚れないようにエアコンをビニール養生シートで保護します
  5. 高圧洗浄機を使って、汚れを落とします
  6. 分解した部品を洗います※お風呂場、ベランダなどで作業
  7. エアコンの水分を拭きます
  8. 分解した部品を組み立てます
  9. 組み立て終わったら、正常に運転するか確認
  10. 数十分そのまま運転させ、内部を乾燥させます

エアコンクリーニングの作業時間

一般的なエアコン1台あたりの作業時間は、1時間~1時間30分です。

お掃除機能が付いている場合は、2時間~2時間30分になります。

エアコンクリーニングは、依頼人の在宅が必須になるので、余裕のある日に予約するようにしましょう。

トラブル回避!エアコンクリーニングを選ぶポイント

気持ちよくエアコンクリーニングを利用するためのポイントです。

事前に確認したいことから、作業後までの注意点をまとめました。

事前に確認したいこと

希望する掃除内容を決める

エアコンの掃除範囲は、事前に決めておくのが大事です。

本体だけなのか、室外機も掃除するのか、防カビ・抗菌コートは必要かどうかなど。

明確にしておけば、余計な営業を断りやすいでしょう。

サイトをチェックする

複数の業者の公式サイトで料金やサービスを確認する。

きちんとした業者であれば、賠償責任保険加入の有無、見積もり後の追加料金について、洗剤の種類、対応時間、駐車場代の負担などは掲載されているはずです。

最近では、動画で説明しているところもあるので、作業内容を把握しておくのもいいと思います。

見積もりについて

見積もりは書面でもらう

希望したサービス内容を伝え、見積もりをとります。

そのさい、書面で受け取っておくのを忘れないようにしましょう。

契約書は、見積もり時の内容と価格が間違いなく記載されていることを確認します。

賠償責任保険の加入有無

作業中や後の故障について、きちんと賠償責任保険での対応が可能かどうかを確認することも大事です。

相見積もりは必須

訪問見積もりが苦手という方は、訪問なしで見積もりをしてくれる業者もあるので、探してみてください。

公式サイトで表示されている料金は、あくまでも目安です。

エアコンの型番や年式、状態などを伝えて、より詳しい見積もりをもらってください。

当日の注意点

依頼した作業に漏れがないか、最後にチェックするのを忘れずにしましょう。

作業後のトラブル

エアコンクリーニング完了後、もし不具合があれば、業者に連絡をします。

壊れた部分があれば、写真を撮影しておくといいです。

そのほか、気になることがあれば、必ず契約前に確認をしましょう。

対応の良さは重要

業者の対応も重要なチェックポイントです。

電話や訪問見積もり時に、対応は丁寧だったか、納得するまで説明してくれたか、なども見ておくといいです。

強引に契約を進めたり、説明をはしょったりする業者であれば、どんなに料金が安くても、断ってしまいましょう。

口コミサイトも参考に

エアコンクリーニング業者の良し悪しを見るのに、口コミを利用するのもひとつの方法です。

比較サイトやGoogleの口コミなどを参考にしましょう。

トラブル事例:被害に遭ったら消費者センターへ

どんなに気を付けていても、トラブルは避けられません。

作業後の事例として、追加料金を請求された、故障や破損が見つかった、見積もり時と異なる作業内容だったなどがあります。

また、事前の確認不足によるトラブルもあるようです。

例えば、見積もり後、作業を断ったら見積もり料金を請求された。

事業者判断で当日作業できなかったにもかかわらず、キャンセル料金を支払ったという報告もあるそうです。

もし、トラブルに遭ってしまった場合は、すぐに消費者センターへ相談してくださいね。

お問い合わせはこちら>>
全国の消費者センター

まとめ

エアコンクリーニング業者の作業内容や、選ぶときのポイントをご紹介しました。

購入したエアコンを長く使うためにも、業者選びは妥協できません。

信頼できる業者さんを見つけて、快適な空間を手に入れましょう!

家事メディア「もちやぷらす」は、ハウスクリーニング予約サイト「もちや」が運営中!

もちやTOPのバナー02
もちやロゴ

もちやは、全国のハウスクリーニングや家事代行のプロを、口コミや価格で選べる、予約サイトです。

  • Webで簡単予約
  • 相場を確認して予約
  • プロの顔を見て予約

人気のカテゴリはこちら!

  1. エアコンクリーニング
  2. 換気扇クリーニング
  3. 家事代行

ABOUT US

わだまり 編集長代理
お一人さま歴20年以上のアラフォー女子。掃除・洗濯・料理など、家事一切を外注したいタイプ(お財布事情が許せば)。だるま職人を目指し、28歳で大阪から群馬へ移住、30歳でライターを目指し東京に引っ越し、現在は名古屋在住。趣味は非常階段巡り(建築の方)とプロレス観戦。ゴキブリ専門ライターとしても活動中!「ゴキラボ」https://goki.jp/