エアコンクリーニング業者選びに失敗しない方法!元・清掃業者の意見あり

エアコンクリーニング業者選びに失敗しない方法!元・清掃業者の意見ありのアイキャッチ

「エアコンクリーニング業者選びに失敗しないためには?」「何を基準に業者を選んだらいい?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

大手から個人業者まで、エアコンクリーニング業者は非常に多く存在します。優良な業者がほとんどではあるものの、中には高額なお金を請求したり作業が雑だったりする業者もいるのが現状です。

だからこそ、業者選びは慎重に行わなければいけません。

そこで今回はエアコンクリーニング業者選びに失敗しない7つのポイントと、依頼時に聞いておきたい3点を紹介します。清掃業者で働いていた筆者の意見も入れているため、ぜひご覧ください。

目次

エアコンクリーニング業者の選び方!失敗しない7つのポイント

エアコンクリーニング業者のイメージイラスト

エアコンクリーニング業者を選ぶ際は、7つのポイントをチェックしましょう。なんとなくで選んでしまうと悪徳業者に引っかかる恐れがあります。

会社のホームページやマッチングサイトの業者紹介ページ、電話などで確認できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

賠償責任保険に加入しているか

業者が賠償責任保険に加入しているかを確認しましょう。

賠償責任保険とは、クリーニング作業で発生した事故で人やものに損害を与えた場合に補償される保険です。加入している業者であれば、万が一エアコンが壊れたり床に傷が付いたりしたときにかかる費用が保険からまかなわれます。

反対に、損害賠償保険に加入していない業者であれば、修理費用などを負担してもらえない可能性があります。エアコンには故障や破損のリスクがつきまとうため、賠償責任保険に加入している業者を選ぶことは作業後のトラブル防止にもつながるのです。

見積もり金額や作業時間を教えてくれるか

見積もり金額や作業時間を教えてくれる業者を選ぶと安心です。

エアコンクリーニング料金は業者によって異なるものの、ある程度の相場は決まっています。壁掛けエアコンなら8,000~12,000円、お掃除機能付きエアコンなら18,000~23,000円ほどです。

エアコンクリーニングの料金相場は約9,900円!136社を比較してみた | もちやぷらす

相場より極端に安い、あるいは高い業者は避けてください。とくに安すぎる業者は見える範囲だけ作業していたり、クリーニング後に高額な追加費用を請求したりする恐れがあります。

そのため、問い合わせ時に見積もり金額をきちんと提示してくれる業者を選ぶのが大切です。作業時間も一緒に確認しておくと良いでしょう。

【筆者の意見】

作業時間は、あくまで目安と捉えておきましょう。

同じエアコンクリーニングでも、汚れの度合いによって洗浄時間は変わるからです。長年使用しているエアコンだったり、汚れが頑固だったりするとどうしても時間がかかってしまいます。

また、ほとんどのエアコンはカバーを取り外すためのツメが本体上部にあります。設置場所と天井が近いとツメを取り外しにくく、固い場合は予定より時間がかかるかもしれません。

技術力や実績はあるか

エアコンクリーニング業者を選ぶうえで、技術力や実績はとても重要なポイントです。

これらを確かめたいときは、以下の点に注目してみてください。

  • ホームページやSNSで写真付きの施工実績を公開しているか
  • (写真付きの施工実績が公開されている場合)細部まできれいに洗浄しているか
  • 作業員の研修制度はあるか

実はエアコンクリーニング作業をするだけなら資格は不要です。その分、新規参入しやすいともいえるため、ホームページやSNSなどで積極的に発信している業者のほうが信頼できます。

【筆者の意見】

筆者も、社内の研修制度でエアコンクリーニング作業を学んだ一人です。現場を通じて学ぶことも多かったものの、適切な養生の仕方や注意点を教えてもらい、社内で繰り返し練習していました。

お掃除機能付きエアコンに対応しているか

お掃除機能付きエアコンのイメージカット

お掃除機能付きエアコンに対応している=作業員のレベルが高いといえます。

お掃除機能付きエアコンは非常に複雑な構造をしており、メーカーや機種によっても難易度は異なります。一般的なエアコンよりも専門的な技術や経験が必要になるため、業者によっては受け付けていないところもあるほどです。

自宅のエアコンがお掃除機能付きエアコンでなくても、業者が対応可能かどうかはチェックしておいて損はありません。

【筆者の意見】

筆者はお掃除機能付きエアコンの分解作業はできないものの、作業を補助する役割(パーツ洗いや準備など)として現場へ向かったことはあります。エアコン洗浄に慣れている先輩方でも時間がかかっていたため、難しい作業なんだろうなと感じていました。

ホームページで会社情報が公開されているか

ホームページ上で所在地や電話番号、メールアドレスなどの会社情報が公開されている業者を選ぶのも忘れてはいけません。

エアコンに関するトラブルは、作業直後だけでなく作業員が帰ったあとに発生する場合もあります。連絡手段がないと何も対処できなくなり、故障していた場合は全費用を自分が負担しなければいけない可能性があります。

情報が何も公開されていない業者は非常に危険です。依頼前には必ず確認しておきましょう(電話番号はとくに)。

メールや電話の対応は丁寧か

エアコンクリーニング業者に限らず、メールや電話で問い合わせたときに丁寧に対応してくれるかどうかも大切です。

「問い合わせたのに連絡が何日も帰ってこない」「電話対応が悪い」といった業者は、教育が行き届いておらず実際の作業も雑な可能性があります。ホームページがどれだけ作り込まれていても、印象が悪いところは避けたほうが良いでしょう。

丁寧に対応してくれるだけでなく、こちらからの質問に細かく答えてくれるかも判断材料の一つになります。

口コミや評判が良いか

口コミや評判は、実際に依頼した人のリアルな声を聞けるため業者選びの参考になります。店舗名や会社名で検索したり、口コミサイトを見たりして、どのような評価が集まっているかを調べましょう。

いつ誰が書いているか分からないため、良い評判が多いからといって100%優良な業者とは限りません。あくまで参考程度に捉え、全体的な評価に目を通すのが大切です。

エアコンクリーニング業者へ依頼する際に確認すべきこと

スマホで確認する女性のイラスト

気になる業者を見つけたら、依頼時に3つのポイントを確認しておくのがおすすめです。初めて依頼する方はとくに覚えておきましょう。

追加料金や出張費が発生するか

業者によっては、以下のようなクリーニング料金以外のお金が発生する場合もあります。

  • 駐車場代
  • 出張費
  • 土日祝対応料金
  • オプション料金(室外機クリーニング、防カビスプレーなど)

そのため追加料金は発生するのか、「発生する可能性がある」と言われたら具体的にどのような条件のときに追加料金が発生するのかをしっかり聞いておきましょう。不必要なオプションを押し付けられそうになったら、きっぱりと断ってください。

2台以上依頼した場合に割引があるか

2台以上のエアコンクリーニングを依頼したい場合は、複数台割引があるかを確認しておきましょう。

エアコンクリーニング業者では、複数台割引を実施しているところがほとんどです。そして、その割引額は業者によって異なります。1台1,000〜2,000円ほど安くなる場合もあれば、依頼料金から10%引きになる場合もあるのです。

いずれの場合も2台以上であればお得に依頼できます。

予約が取りやすいか

エアコンクリーニングの予約が取りやすいかも重要なポイントです。

業者の中には、土日は営業時間外であったり、追加料金が発生したりする場合があります。仕事や家事で忙しい方であれば、土日祝日に対応している業者のほうが予約を取りやすいでしょう。

また、エアコンクリーニング業者の繁忙期は5~7月頃です。夏前に依頼したい方は2~3ヵ月前に問い合わせ、それ以外の方はエアコンの依頼が落ち着いている春と秋を狙うのがおすすめです。

こんな業者に注意!エアコンクリーニングのトラブル例

トラブルに遭遇してワナワナしている女性のイラスト

業者選びに失敗してしまうと、以下のようなトラブルが発生するかもしれません。

エアコンを壊された

部品を破損・紛失したり、エアコンクリーニング作業後に正常に動作しなくなったりなど、エアコンを壊されるケースがあるようです。

賠償責任保険に加入していれば修理費用がまかなわれますが、加入していない業者であればそのまま何事もなかったかのように帰ってしまう可能性があります。数日後に部品の破損に気付いて連絡しても「最初から壊れていた」と言い訳される可能性もあるでしょう。

壁や床を汚された

「床に傷が付いた」「汚水で壁やソファが汚れた」などエアコン以外にも被害が出るケースはあります。

作業時、床にはブルーシートを敷くため、丁寧に作業していれば床に傷が付く可能性は低いです。汚水の飛び散りは、エアコン付近をきちんと養生していれば防げます。

しかし悪徳業者の場合は、養生が不十分だったり作業が雑であったりする恐れがあります。先程と同様、そのまま黙って逃げられる、もしくは弁償されないまま放置される可能性があるため注意が必要です。

見積もりより高い金額を請求された

事前見積もりより高い金額を請求されるケースは稀に発生します。

業者の中には、最初に安い見積もり金額を提示しておき、作業後に「実は思っていたよりも汚れがひどくて」と言って追加料金を請求するところがあるのです。

優良な業者であれば事前に見積もり金額を提示したうえで、もし追加料金が発生しそうならすぐ確認を取ります。高額な金額を請求されそうになったときは、消費者生活センターなどに相談してみてください。

お掃除ユニットが分解されていない

お掃除機能付きエアコンは分解作業が難しく、より高度な知識が必要になります。そのためお掃除ユニットを取り付けたまま洗浄する業者はいます。

お掃除ユニットを取り付けたままでは熱交換器(アルミフィン)をすみずみまで洗浄できません。メーカーによっては分解しないと熱交換器がほとんど見えないタイプもあります。簡易的な洗浄で済ませておきながら高額な料金を請求するのは、悪徳業者の可能性が高いでしょう。

クリーニング後なのに臭い

業者の中途半端な洗浄によってクリーニング後でも臭いが取れていないケースがあります。例えば「見えにくいエアコン上部は汚れが残ったまま」「汚れや洗浄剤が落としきれていない」などです。

ただし、クリーニング後の臭いについては必ずしも悪徳業者の仕業とはいえません。タバコの臭いが染み付いていたり、本体ではなくドレンホースから臭っていたりする可能性もあるからです。

臭いが気になったときは業者に一度相談してみましょう。

もちやでエアコンクリーニングのプロを探す(8,000円~/1台)

そもそもエアコンクリーニングって必要?そのメリットについて

エアコンクリーニングが必要?と考えている女性のイラスト

「エアコンクリーニングってほんとに必要なの?」と感じた方もいるかもしれませんが、プロによるエアコンクリーニングは必要です。依頼することで、以下のようなメリットがあります。

  • 電気代の節約になる
  • 運転効率が良くなる
  • エアコンを長持ちさせられる

エアコン内部に汚れやカビ、ほこりがたまっていると、正常な運転の妨げになります。負荷のかかった状態で稼働し続けると、寿命が縮まる恐れがあるのです。

1~2年に1回程度はエアコンクリーニングを依頼して、汚れやカビを除去してあげるのが理想的です。

良質なエアコンクリーニング業者に依頼して快適な毎日を過ごそう

エアコンクリーニング業者を探すときは、賠償責任保険に加入しているか、見積もり金額や作業時間を教えてくれるかなど複数のポイントを確認しましょう。「料金が最も安いから」と気軽に選んでしまうと、トラブルに巻き込まれる恐れがあります。

さまざまなエアコンクリーニング業者を比較したいなら「もちや」の活用がおすすめです。業者ごとに作業料金や口コミ、セールスポイントなどが記載されています。

エアコンクリーニングのことをもっと知りたい!という方は、下記のコラムも参考にしてみてくださいね。

ライター

kurumiのアバター kurumi ライター(元清業者)

前は清掃業者に勤務。ハウスクリーニングや壁掛けエアコンのクリーニングを経験している。ピカピカになったものを見るのがとても気持ちよかった。 しかし基本は面倒くさがりなので、自分の部屋の掃除はサボりがち(やる時はとことんやる)。推しのゲーム実況動画と音楽が生きがい。

目次