エアコンが冷えない…冷房の効きが悪いときの原因7つと再起動やり方/エアコンクリーニング

エアコンが冷えない原因は汚れかも?故障を疑う前に試すべき対処法

エアコンの冷房つけても部屋が冷えない

そんなときには、

もしかして故障かも?と心配になるものですね。

しかしエアコンの効きが悪いからといって、故障とは限りません。

エアコンははお手入れ不足や環境が原因で、うまくはたらかなくなることがあるのです。

まずは自分でできる簡単な故障チェックをしてみませんか?

この記事を読めば

  • エアコンの故障チェック方法
  • エアコンが冷えない原因
  • エアコンが冷えないときの対処法

がよくわかります。エアコンの不具合をスッキリ解決していきましょう♪

【10秒でできる】エアコンの故障チェック方法

エアコンが冷えないときのチェック

エアコンつけても部屋が冷えない…

そんなときにはエアコンから出る風をチェックしてみてください。

エアコンの吹き出し口から冷たい風が吹き出しているのなら、とりあえず故障ではないでしょう。

  • 吹き出し口から風が出ない
  • 室温と同じ温度のぬるい風が出てくる

といった場合には故障の疑いがあります。エアコンの故障は自力での対処がむずかしいので、エアコン修理業者へ点検・修理を依頼してください。

リモコンチェック

冷房の効きが悪いときには、リモコンもチェックしてみましょう。

意外と操作ミスがあるものです。

運転モードは「冷房」になっていますか?何かの手違いで「暖房」になってしまっていることも少なくありません。

そのほか設定温度が適切かどうかも確かめましょう。環境省が推奨する冷房の設定温度は28℃ですが、暑く感じるときには2~3℃低くしてみてください。

エアコンが冷えない原因をさらにくわしく知りたい場合は、次のようなことに思い当たることがないか確認してみましょう。

エアコンが冷えない原因7つ

エアコン 冷えない

エアコンが冷えない原因は次の7つです。

  1. 冷媒ガス漏れ
  2. エアコン本体の故障
  3. エアコン内部が汚れている
  4. エアコンフィルターが汚れている
  5. 室外機に直射日光が当たっている
  6. 室外機周辺が荷物でふさがれている
  7. リモコンの設定がまちがっている

ひとつずつ確認していきましょう。

原因1:冷媒ガス漏れ

エアコン内部には、「冷媒ガス」といって空気を冷やすはたらきをするためのガスが入っています。
その冷媒ガスが漏れてエアコンの効きが悪くなることがあるんです。

冷媒ガスは、室内機・室外機・それらをつなぐ配管の中を循環しています。
配管に傷がついたり穴があいたりすると、そこからガス漏れがおきるのです。

長年使用することで、配管にキレツが入ることもありますが、引越しやエアコンの移設で接続部にズレやスキマができて、ガス漏れにつながることもあります。
小さなスキマの場合、ガス漏れは徐々に起こるのでなかなか気づくことができません。

ガス漏れはおおむね1年くらいかかって徐々にすすんでいくことが多いです。
そして真夏の暑い時期にフル稼働させていると、ガス漏れが急速に進んで冷媒ガスが空っぽになってしまいます。

冷媒ガスが空っぽになった場合、エアコンは冷房も暖房も全く効かなくなります。エアコンの吹き出し口からぬるい風が出てくる場合、残念ながら冷媒ガス漏れである可能性は高いです。

エアコンのガス漏れについてはこちらの記事でくわしく解説しています。

原因2:エアコン本体の故障

エアコン本体には次のような故障があります。

  • 冷暖房の効きが悪くなる
  • 室内機から水漏れする
  • 操作できなくなる
  • エアコンブレーカーが落ちやすくなる

このような症状がある場合は、エアコン修理業者に依頼して点検してもらい、必要に応じて修理をしましょう。

エアコン本体の故障は、エアコンが古くなると起きやすくなります。一般的にエアコンの補償期間は長くて5年です。

5年以上使用しているエアコンで故障が起きたときには、修理と買い替えどちらが適当なのかを比較してみてください。

原因3:エアコン内部が汚れている

エアコンの内部に汚れがたまっていると、エアコンの稼動効率が悪くなり、冷房が効くまでに時間がかかります。

内部にたまったホコリやゴミをしっかり除去すれば、エアコンが正常に動くようになるでしょう。

エアコンフィルターを取り外して、内部を見てみてください。金属板でできたアルミフィンのスキマにベトベトしたホコリがびっしりついていたら、エアコンクリーニングが必要です。

エアコン掃除で、自力でできるのはフィルターまで。それより内部のフィンやファンなどの掃除はむずかしく、失敗のリスクもあるのでプロに任せるのが一般的です。

お住まいエリアのエアコンクリーニング業者を探す

原因4:エアコンフィルターが汚れている

エアコンフィルターのお手入れはされていますか?エアコンのフィルターは、どのエアコンメーカーでもこまめにセルフでおこなうことを推奨しています。

キッチンやダイニングなど、料理をする場所でのエアコンは、内部に油汚れがたまってることが多いです。エアコンをよく使う時期には、2週間に一度くらい、フィルター掃除をしましょう。

フィルターは中性洗剤や水で洗えますので、網目につまった汚れをしっかり除去してくださいね。くわしい掃除方法は、次章で解説しています。

原因5:室外機に直射日光が当たっている

エアコンの室外機に直射日光が当たっていませんか?エアコンの室外機は熱くなった空気を排出するはたらきがあります。

ですが室外機自体が高温になってしまうと、熱い空気を排出する力が弱くなってしまうのです。

室外機には直射日光が当たらないよう工夫してみましょう。

  • すだれで日陰をつくる
  • 日よけカバーをつける
  • 植木を植える

などの方法がありますよ。

原因6:室外機周辺が荷物でふさがれている

室外機の正面をふさいでしまうと、熱い空気を外に出せなくなります。室外機は、前面から熱い空気を吹き出すしくみになっているからです。

そのため室外機の前は、荷物を置かず風通しをよくしておかなければいけません。

エアコンを運転中は室外機用のカバーを外しておきましょう。また室外機周辺の荷物は移動させておいてください。

原因7:リモコンの設定がまちがっている

リモコンの設定に問題はありませんか?冷房運転のつもりが、何かの間違いで暖房や送風モードになってしまっていることもあります。

また冷房の設定温度は適切でしょうか。
設定温度よりも室温のほうが低くなると、冷風が出なくなります。

冷房が効かないと感じるときには、設定温度を下げてみましょう。そうすると、エアコンから冷風が出るようになるかもしれません。

エアコンが冷えないときの対処法

エアコンが冷えない!効かない!というときには、もしかして壊れた?と思うことがありますね。
修理や交換を急ぐ前に自力でできる対処法があるので、まずは試してみてください。

その1:室内機のフィルターを徹底掃除してみよう

エアコンフィルターを外す様子

まずエアコンの室内機にたまったホコリを除去しましょう。
エアコンのフィルターは、簡単に掃除することができるのでおすすめです。

エアコンのフィルターは、エアコンのフタをあけるとすぐに出てくる薄い部品です。
左右2枚セットになっていることがほとんどで、手でつまむところがついていますので簡単に取り外せるでしょう。

準備するもの
  • 掃除機
  • 歯ブラシ
  • 雑巾
  • 中性洗剤
  • ゴム手袋
  • マスク
  • ゴーグル

エアコンのフィルターにはカビ菌などの雑菌が付着していますので、手袋を着用しましょう。
また目や鼻に入らないよう、マスクやゴーグルをして作業をするのがおススメです。

エアコンフィルター掃除の手順
STEP1
エアコンからフィルターを外す
STEP2
掃除機でホコリを吸い取る
STEP3
洗面所やお風呂のシャワーで洗う
STEP4
歯ブラシで汚れをこすり落とす
STEP5
落とせない汚れは中性洗剤などで落とす
STEP6
しっかりすすぎ洗いをする
STEP7
水分をふき取ってからよく乾かす
STEP8
元に戻す

エアコンフィルターのホコリの下にはカビが潜んでいることがあります。
カビは中性洗剤を使い、しっかりこすれば落とせます。
フィルターに汚れやカビ菌が残らないよう、念入りに洗うのがコツです。

フィルターの掃除をしても風力が弱いままという場合には、エアコン内部に汚れがたまりすぎて風の流れを邪魔していると考えられます。

エアコン内部が汚れていると次のような不具合が発生します。

熱交換器の汚れ空気を取り込めない
風を出せない
ファンの汚れ風ムラが出る
風がじわっじわっと出る
吹き出し口の汚れ風が弱い
風がほとんど出ない

エアコン内部は掃除がむずかしく、汚れやカビ菌を完全に除去しきれないことが多いので自力掃除には限界があります。

内部の汚れをしっかり除去するにはプロによるクリーニングがおすすめです。

お住まいのエリアに対応できるエアコンクリーニング業者を探す

その2:室外機や周辺をチェックしてみよう

エアコンの室外機

エアコンがしっかり冷えないというときには、室外機やその周辺もチェックしてみることが大切です。
原因のところでも述べたように、エアコンの冷房運転をしているときには室外機から暖かい風が出てくるのが正常です。

室外機が正常にはたらいていない場合は次の手順でチェックや対処をしていきましょう。

室外機チェックの手順
STEP1
室外機周辺にある障害物を移動させる
STEP2
エアコンの設定温度を18℃にしてみる
STEP3
電源を切って再起動させる

【1】室外機周辺にある障害物を移動させる

室外機周辺にある障害物が原因でエラーを起こすことは多いようです。
まずは障害物を撤去してしっかりファンがまわるかどうか確かめてみましょう。

【2】エアコンの設定温度をできるだけ低く設定してみる

エアコンは室温が設定温度と同じになると、室外機が停止するようになっています。
そのため夏の場合、設定温度をできるだけ下げて18℃程度にしてみると、運転を再開するかもしれません。
(冬の暖房時なら設定温度をできるだけ上げて28℃程度にしてみてください)

【3】電源を切って再起動させる

いちどエアコンの室内機を再起動してみましょう。
エアコンの運転を停止させてからコンセントプラグを抜き、2分ほどおいてから再び差し込んでみてください。

これらの方法を試してみても室外機がうまく稼働しない場合は、応急運転で対応しましょう。
応急運転のスイッチ場所は本体についていることがほとんどですが、わからない場合はメーカーの取扱説明書で確かめてみてください。

部屋を効率よく冷やすには?

家の模型とエアコンのリモコンの写真

エアコンの冷房を稼働しているときには、部屋を効率よく冷やす方法があります。
次のような方法がありますので、できるものから試してみてはいかがでしょうか。

風向きを水平や上向きにする

エアコンの吹き出し口は、水平または上向きにするのがおすすめです。
冷たい空気は下へたまりやすい性質があるため、上向きで冷風を送り出せば部屋の空気を循環できます。

サーキュレーターを併用する

部屋の空気を循環させるためにはサーキュレーターを併用するのもおすすめです。
サーキュレーターがない場合は扇風機でも代用できますよ。

サーキュレーターの使い方について詳しくはこちら「夏の結露や湿気対策にサーキュレーターを使う方法」

カーテンを閉める

とくに太陽の当たる部屋の場合、カーテンを閉めておくのもおすすめです。
窓からの熱気をさえぎれば、部屋の温度を低く保つことができます。

エアコンのメンテナンスを定期的におこなう

冷房効率を上げるためには、お手入れが重要ポイントです。
汚れがたまっていると、とたんに稼働効率が悪くなり、電気代はかりかさむことになります。

エアコンが冷えない!

といった不具合は、汚れの蓄積によって起きることがほとんどです。

定期的にメンテナンスをし、エアコンが正常にはたらくようにしておきましょう。

お住まいエリアのエアコンクリーニング業者を探す